2018年09月25日更新
圧力の懸念 杉田水脈 新潮45

【批判多数】新潮45が休刊に 性的少数者への差別的表現で 圧力の懸念も

出版物、少数、ビジネス、表現の自由? 圧力の懸念、杉田水脈の寄稿文問題

81
0
性的少数者(LGBTなど)への差別的な表現について批判を受けていた月刊誌「新潮45」が25日、最新号の発売からわずか1週間、また佐藤隆信社長によるコメント発表から4日で休刊に追い込まれた。回収や続刊号での謝罪などを飛び越えた突然の決断の背景には、同社の予想を超えた批判の広がりがある。

 出版不況を背景に「右傾化路線」を取る出版物は増加傾向にあり、「新潮45」も反リベラル色を強めてきた。だが、保守系の雑誌だけで経営している出版社と異なり、文芸が中軸の新潮社がマイノリティーを蔑視しているととれる極端な特集を組んだことの波紋は大きかった。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【火事】旭川市1条通12丁目付近で火災 煙あがる10/17

※情報更新中

【火事】小山市西城南3丁目 釣具の「上州屋小山駅南店」で火災 10/17

※情報更新中

【火事】栃木県小山市『釣具の上州屋』付近で火災

YouTubeが先程復旧 世界規模でのシステム障害が発生していた「復旧早すぎ」「流石ようつべ」

乃木坂46、西野七瀬卒業シングル「帰り道は遠回りしたくなる」詳細&オンエア解禁

乃木坂46を来年卒業する西野七瀬さんのラストシングル『帰り道は遠回りしたくなる』...

「電車男」ハリウッドリメイクで『Train Man』

ネット時代初期の人気作品として時代を感じさせましたよね。『電車男』。ここへきてリ...

アクセスランキング

まとめ作者