2018年09月25日更新
圧力の懸念 杉田水脈 新潮45

【批判多数】新潮45が休刊に 性的少数者への差別的表現で 圧力の懸念も

出版物、少数、ビジネス、表現の自由? 圧力の懸念、杉田水脈の寄稿文問題

179
0
性的少数者(LGBTなど)への差別的な表現について批判を受けていた月刊誌「新潮45」が25日、最新号の発売からわずか1週間、また佐藤隆信社長によるコメント発表から4日で休刊に追い込まれた。回収や続刊号での謝罪などを飛び越えた突然の決断の背景には、同社の予想を超えた批判の広がりがある。

 出版不況を背景に「右傾化路線」を取る出版物は増加傾向にあり、「新潮45」も反リベラル色を強めてきた。だが、保守系の雑誌だけで経営している出版社と異なり、文芸が中軸の新潮社がマイノリティーを蔑視しているととれる極端な特集を組んだことの波紋は大きかった。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【訃報】モンキーズのピーター・トークが死去 77歳

ご冥福をお祈りします

はやぶさ2着陸成功 管制室の反応が凄かった 津田雄一プロマネらメンバーが大喜び 【現地画像】

小惑星探査機「はやぶさ2」が「りゅうぐう」への着陸を成功させました。ネットではそ...

【猫の日】シャープ公式ツイ垢が「ニャープ」に 他の企業も・・・

今日は猫の日

TOKIE姐さんスッキリに降臨「TOKIE姐さんかっこよすぎる、てか何このバンド?」

スッキリにACE OF SPADES、TOKIEさんカッコイイ...

はやぶさ2のタッチダウンとはどんな作業?成功させる意義は?

探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」へのタッチダウンを成功させたことが話題...

名古屋駅、女性警察官による大捕物「犯人の手をおさえていた一般人がカッコよすぎる」

名古屋駅 中央口付近で「婦警さんが暴れる男を取り押さえた」

アクセスランキング

まとめ作者