サークルK・サンクスが終了、前倒しで2018年夏頃に完全消滅。ファミリーマートへ。

ユニー・ファミリーマートホールディングス。激動のコンビニ業界、歴史、名前が見れなくなる。楽天ポイントがあ~

732
0
 ユニー・ファミリーマートホールディングスは4月12日、2018年8月までにサークルK・サンクスの全店舗をファミリーマートブランドに統合する方針を明らかにした。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
株式会社サークルKサンクス(サークルケイサンクス)は、コンビニエンスストアのサークルKサンクスをかつて運営していた企業。ユニーグループ・ホールディングス(以降、一部表記はUGHD)の完全子会社であった。コーポレート・スローガンは「いちばんの満足をあなたに」としていた。

2016年(平成28年)9月1日に親会社のUGHDがコンビニエンスフランチャイザー大手のファミリーマートと経営統合(従来のファミリーマートは、ユニー・ファミリーマートホールディングスに社名変更)し、旧・ファミリーマートから事業部門の譲受を受け、同日から社名を株式会社ファミリーマートに変更した。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ファミリーマートに変更済みの約800店の売り上げが10~20%程度向上

既にファミリーマートに変更済みの約800店の売り上げが10~20%程度向上しているため、さらなる利益獲得を見込んで統合時期を早めたという。

 17年2月期の全店平均日商は、ファミリーマートが52万2000円なのに対し、サークルK・サンクスは42万5000円だった。

 同社の広報担当者は、「人的リソースの調整など課題もあるが、ブランド転換を早急に進めることで成長につなげたい」と話す。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

アクセスランキング

まとめ作者