2018年03月11日更新
募金 東日本大震災 復興特別税

【25年募金契約】東日本大震災は募金をしなくても、2037年まで税金で支払っていた!?

絆。復興支援、復興特別所得税。自動的に募金?、東日本大震災、ビジネスチャンス、お金、政治、施策、税とビジネスと労働、自然災害、復興特別税、復興特別所得税、潤ってる?

113
0

所得税は2013年(平成25年)1月1日からの25年間、税額に2.1%を上乗せするという形で徴収。

住民税は2014(平成26)年度から10年間、1,000円引き上げ

東日本大震災からの復興に当てる財源の確保を目的として所得税、住民税、法人税に上乗せするという形で徴収される。所得税は2013年(平成25年)1月1日からの25年間、税額に2.1%を上乗せするという形で徴収される。法人税は2012年(平成24年)4月1日以降から始まる事業年度からの3年間、減税をいったん実施した上で、税額の10%を追加徴収する。住民税は2014(平成26)年度から10年間、年間(給与から天引きの特別徴収では6月から翌年5月)1,000円引き上げる。

税の使途は被災地に限定しており、政府はこれらの増税で10.5兆円を捻出する予定[2]。

なお、復興特別たばこ税の導入が検討されたが、結果取り止めになった[3][4]。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者