2017年11月18日更新
シニア カードローン ストレス

自己破産するシニアが増加?労働によるストレスからのクレカ、カードローン借りすぎに注意

後世への呪縛、自己破産、生活保護、奴隷化、ベーシックインカム、必死で働いた結果、金銭とマネー

96
0

2016年の自己破産の申し立てが6万4000件を超え、13年ぶりに増加に

 2016年の自己破産の申し立てが6万4000件を超え、13年ぶりに増加に転じた。かつて、多重債務は無計画な若い世代の問題とされていたが、最近では働き盛りの中年や退職したシニアが、カードローンなどをきっかけに自己破産に陥るケースが目立つという。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
東京都内に暮らすAさん(58歳)は今春、ついに自己破産を申請しました。始まりは、10年ほど前にさかのぼります。クレジットカードによる買い物とキャッシングの借り入れがきっかけでした。

 「当時は会社員として働き、収入も十分にあったので、多少返済額が多くなっても問題ないと思っていました」

 Aさんの借金は約200万円。銀行残高が底をつき、返済が滞ると、今度は消費者金融から借りて返済に充てるようになりました。

 借金は300万、400万円と積み重なり、ついに、消費者金融からも融資を断られてしまいます。消費者金融からの借り入れができなくなったAさんが、次に選んだのは銀行のカードローンでした。

 気付けば、借り入れは銀行カードローン3行、信販系カードローン1社、消費者金融が4社の計8社から、総額約500万円に膨らんでいました。

 そんな折、ストレス性障害を患ったことで、Aさんは仕事を辞めざるを得なくなりました。その後、再就職し、何とか自力での返済を試みたのですが、以前ほどの収入は得られません。間もなく返済不能となり、弁護士に相談し自己破産を決意しました。

 Aさんは当時を振り返り、ぽつりとこぼしました。

 「普通に働いていたのに、まさかこんなことになるなんて思いませんでした」
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

【網膜剥離】北園涼さん、〜阿津賀志山異聞2018 巴里〜公演公演は声のみの出演

快方に向かうことを祈ります

【悲報】お母さんが育児に疲れて施設に預けられてる野坂悠馬、脳腫瘍発覚 残された時間は3ヶ月

つらすぎる

【あすか製薬】高血圧症治療剤のバルサルタン錠に発がん性物質が混入 自主回収へ

高血圧症治療剤「バルサルタン錠『AA』」、あすか製薬と外資系製薬のアクタビスの合...

あなたは大丈夫? 原因不明の突発性難聴 早期治療がカギ

芸能人の発症で、テレビ等メディアでも取り上げられている突発性難聴。 感音性難聴の...

【貧困社会】低所得世帯、高校1年生の3人に1人がアルバイト 塾や習い事諦めた7割

お金の世界、アルバイト、労働と勉強、奴隷、貧困、教育、高校生活...

【恐竜学部?】恐竜王国福井、古生物学関係の学部新設へ 福井県立大

福井県立大は15日、恐竜を中心に学ぶ古生物学関係の学部を新設する方針を明らかにし...

アクセスランキング

まとめ作者