2017年12月08日更新
逆転層 東京 幻想的

幻想的!東京で逆転層が発生 2017/12/8

逆転層が発生、どうして発生するのか?

137
0
日本気象協会によると、通常は上空ほど低い気温が、8日は高度500メートル付近までは地上よりも上空の気温の方が高かった。地上付近の湿度が高かったことも原因で、「逆転層」と呼ばれる現象だという。500メートル以上の高度では、気温と湿度は一気に低下し、かすみが晴れるため、水墨画のような風景となった。
引用元:news.mixi.jp(引用元へはこちらから)

逆転層(読み:ぎゃくてんそう)

気温は通常地面から上空に向かって低くなるが、前線や放射冷却などによって上空に向かって等温になっている、または高くなっている大気の層のこと。逆転層の位置が低く、風が弱いと大気汚染物質がたまりやすい。
引用元:www.tenki.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者