2016年07月06日更新
いつ恋 月9 有村架純

フジ月9ドラマ「いつ恋」に「放射能科」というあり得ない表示が映り込んで批判殺到!

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第一回放送になぜか「放射能科」という表示が映っていた。

5158
0

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第1話で

1月18日に放送されたドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)第1話のあるシーンが、視聴者の間で問題となっている。

引用元:www.asagei.com(引用元へはこちらから)
本編の中で、ヒロインの有村架純が病院を訪れるシーンがあったのですが、そこに放射能科と書かれた場所が一瞬、写りこんだのです。

引用元:www.asagei.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

放射能科の文字が

出典:livedoor.blogimg.jp
左上に「放射能科」という物が見えるのが確認され炎上している。「放射線科」ならわかるが「放射能科」とあえて表記しているのは意図的なのかただ単に間違えただけなのか。

引用元:gogotsu.com(引用元へはこちらから)

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

出典:www.fujitv.co.jp
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつかこのこいをおもいだしてきっとないてしまう)は、2016年1月18日からフジテレビ系「月9」枠にて放送されているテレビドラマである。坂元裕二のオリジナル脚本。有村架純は本作が民放の連続ドラマ初主演となる。また、11月25日に追加キャストが発表された。また、12月14日に追加キャストならびに主題歌が発表された。


スタッフ
脚本 - 坂元裕二
音楽 - 得田真裕
主題歌 - 手嶌葵「明日への手紙」(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
プロデュース - 村瀬健
演出 - 並木道子、石井祐介、高野舞
制作 -フジテレビドラマ制作センター
制作著作 - フジテレビ
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

しかもドラマのスタッフが以前に問題になったドラマと同じであることが判明

実はこのドラマのスタッフは『最高の離婚』で名刺に「tsunami-lucky」とメールアドレスが書かれており炎上したことがあるスタッフと同じなのだ。

引用元:gogotsu.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

名刺に「tsunami-lucky」

出典:gogotsu.com
画像を拡大

週刊誌『monday』の見出しに「JAP18」

出典:livedoor.blogimg.jp

Twitterの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【爆笑】秀逸な笑えるおもしろコピペ大集合

ネットでも人気な大爆笑系のコピペの一挙大集合。笑いがこらえなくなるまで大量に紹介...

見たら笑う!おもしろおかしな爆笑スレタイ

ネットで見かける思わず笑えてしまうようなアホおもしろいスレタイの大集合まとめです...

キンプリ平野紫耀とは破局?平祐奈が「中学聖日記」の岡田健史と交際?秘密垢で共通の写真を投稿する!

え?インスタ削除?

【解答速報】第25回環境社会検定試験!受験者の感想・合格基準点・合格率・難易度は?

解答速報です。

炎の体育会TVにステフィンカリー(NBAのポイントガード)がまさかの登場「やっぱ別次元」

ステフィン・カリーこと、ワーデル・ステフィン・カリー2世はアメリカ合衆国・オハイ...

節税するなら青色申告をしたほうがいいらしい

フリーランス必見、青色申告についてまとめてみた。 特に「青色申告ってなに?」「こ...

アクセスランキング

京浜東北線 蒲田~川崎駅間で人身事故 「踏切ではねられる。警察官が懐中電灯で線路確認」東海道線遅延

※情報更新中

アパマン従業員のやったことは自爆テロみたい 大量にスプレー缶に穴を開ける作業後の事故だと判明

締め切った部屋でガス缶スプレー100本ほどのガスを抜いていたそうです。その後給湯...

【爆破事故記者会見】アパマン社長の敬語がおかしいとネットがざわつく事案発生「言葉遣いめちゃくちゃ」

相鉄線 瀬谷駅での人身事故の影響で横浜駅が大混雑カオス状態 入場規制 現地の様子

常磐線、馬橋駅で人身事故「すごいことになってる!」

11:36頃、馬橋駅で発生した人身事故の影響で、運転を見合わせています。なお、振...

まさか解散!?ゆずからのお知らせにファン不安の声 12月19日に発表

ゆず、活動内容、ゆずからのお知らせ、感想、ファン不安、重大発表、活動休止、重大な...

まとめ作者