2017年06月03日更新
済州ユナイテッド サッカー 韓国

済州ユナイテッド蛮行事件。伊メディアが「本物の人狩り」「深刻なまでに反スポーツ的な態度」と断罪

韓国のサッカーチーム済州ユナイテッドは野蛮人の集まり?浦和レッズとの試合で。

997
0

「日本では狂気の光景」と伊メディア特集 韓国チームの異常行動をクローズアップ

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の第2戦で起こった済州による前代未聞の退場劇や暴力行為という蛮行はいまだに波紋を広げている。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
ヨーロッパでも「本物の人狩りを始めた」「深刻なまでに反スポーツ的な態度」と断罪されている。イタリアの海外サッカー専門サイト「トゥットカルチョ・エステーロ」が報じた。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
 試合後のレポートで韓国チームの蛮行を批判していた同メディアは「AFCチャンピオンズリーグ8強 アブドゥルラフマンはスーパーなアル・アインを牽引し、広州と上海は問題なし 日本では狂気の光景」と改めて特集している。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
 敵地初戦で済州に0-2で負けた浦和は、第2戦で延長戦にまでもつれ込む死闘を演じ、3-0勝利で大逆転での8強進出を決め、「浦和レッドダイヤモンズの偉大な挑戦」と称賛された。だが、またしてもクローズアップされたのは試合後の韓国チームの異常行動だった。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
「3-0になった後、試合はナーバスなものになった。ベンチからフィールドに飛び出して阿部の顔面を強打したペク・ドンギュが退場処分となった。状況は収束したかに見えたが、試合終了のホイッスル後、浦和が喜ぶ間、韓国人たちはまたしても襲撃に出た。本当の人狩りだ」
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 特集では済州の韓国人選手の浦和の選手、スタッフに襲いかかるという蛮行を「人狩り」と断罪している。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

「済州の選手は怒りに任せて追いかけた」

浦和は2戦合計3-2とする勝ち越し点を奪った後、敵陣コーナーフラッグ付近でボールをキープ。ファウル後に済州ボールとなったが、済州の選手が浦和FWズラタンとFW興梠慎三に突進してもみ合いに発展した。仲裁に入ったMF阿部勇樹に対し、ベンチからサブの選手であるDFペク・ドンギュがビブス姿でピッチに乱入すると、80メートルをダッシュした後、阿部にジャンピングエルボーを見舞い退場となった。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
試合終了後には済州の選手だけでなく、スタッフまでピッチ上で浦和の選手やスタッフに襲い掛かった。浦和DF槙野智章をターゲットにしたDFクォン・ハンジンは、浦和スタッフに飛び膝蹴りを食らわせ、試合終了後にも関わらずレッドカードを提示されている。済州は3人の退場者を出すなど、信じられない醜態を晒してしまった。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
「森脇と興梠が特に標的にされていた。そして、警備にエスコートされながらドレッシングルームに選手は引き返した。済州の選手は怒りに任せて彼らを追いかけた。AFCは韓国人が深刻なまでに反スポーツ的な態度により罰せられることになるだろうと声明を出している」
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

ネットの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

山田涼介が映画「記憶屋」に主演決定、記憶をなくした蓮佛美沙子のため芳根京子と奮闘するお話

Hey! Say! JUMPの山田涼介が再来年公開の映画「記憶屋」に主演すること...

渋川市北橘町真壁で火事 火災現場の様子 12/15

※情報更新中

ジョンソン&ジョンソン ベビー・パウダーの発がん性を知りながら科学調査報告書をねつ造

ジョンソン&ジョンソン(ティッカーシンボル:JNJ)がベビー・パウダーの発がん性...

岡山市東区瀬戸町万富で火事 火災現場の様子 「消防車が10台以上来てる」12/15

※情報更新中

サイゲフェス2018 徹夜組待機列が地獄絵図「ゾンビ映画みたい」「動物園状態」始発前の現地の様子

CygamesFes2018

【しくじり先生】南キャン山里 しずちゃんに「今までごめんなさい」と謝罪、涙で言葉続かず

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)が14日、テレビ朝日で放送さ...

アクセスランキング

まとめ作者