【解答速報】2018年春期 応用情報技術者試験(AP) 受験者の声 合格基準、難易度、合格率など

2018年春期 応用情報技術者試験(AP) 合格率 受験者の声 ネットの声 難易度

5602
0

【解答速報】2018年春期 応用情報技術者試験(AP)

1.対象者像
高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者
引用元:www.jitec.ipa.go.jp(引用元へはこちらから)
2.役割と業務
基本戦略立案又はITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、独力で次のいずれかの役割を果たす。

 (1) 需要者(企業経営、社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略を立案する。
 (2) システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスを実現する。
引用元:www.jitec.ipa.go.jp(引用元へはこちらから)
3.期待する技術水準
1 情報技術を活用した戦略立案に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
 ① 経営戦略・情報戦略の策定に際して、経営者の方針を理解し、経営を取り巻く外部環境を正確に捉え、動向や事例を収集できる。
 ② 経営戦略・情報戦略の評価に際して、定められたモニタリング指標に基づき、差異分析などを行える。
 ③ 提案活動に際して、提案討議に参加し、提案書の一部を作成できる。

2 システムの設計・開発・運用に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
 ① アーキテクチャの設計において、システムに対する要求を整理し適用できる技術の調査が行える。
 ② 運用管理チーム、オペレーションチーム、サービスデスクチームなどのメンバとして、担当分野におけるサービス提供と安定稼働の確保が行える。
 ③ プロジェクトメンバとして、プロジェクトマネージャ(リーダ)の下でスコープ、予算、工程、品質などの管理ができる。
 ④ 情報システム、ネットワーク、データベース、組込みシステムなどの設計・開発・運用・保守において、上位者の方針を理解し、自ら技術的問題を解決できる。
引用元:www.jitec.ipa.go.jp(引用元へはこちらから)

過去問

合格率など統計データ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

年度 応募者数 合格率
平成24年春期 55,253人 22.7%
平成24年秋期 57,609人 20.5%
平成25年春期 52,556人 19.2%
平成25年秋期 54,313人 18.5%

解答速報

ネットの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【がっちりマンデー】よく落ちるスポンジ「キクロンA」が話題「プラモ洗浄にとても良い」

パッケージのおばさんこわい

【ブラック】 どんでもなくブラックな上司、晒される!熱中症で倒れ点滴中なのに職場に戻る事を強要

社畜可愛そう

萩原聖人、プロ麻雀士の資格取得 10月に開幕するプロ麻雀リーグのMリーグ参加目指す

俳優の萩原聖人(46)が21日、AbemaTV「麻雀駅伝2018 3rd rou...

京都の伝統行事、祇園祭「花傘巡行」 猛暑で中止 暑さを理由に中止するのは史上初

京都市の八坂神社は21日、24日に行われる予定だった祇園祭の「花傘巡行」を中止す...

【ボクらの時代】岩下志麻、かたせ梨乃、 高嶋政宏の極妻キャスト 感想まとめ

高嶋政宏は1作目にはいなかったなと調べてみたら、通算5作目『新極道の妻たち』...

【緊急速報】1BTCを14万円台で買える大バーゲン取引所が発見される!ハッキングか?と話題に

BTCBOXの大バーゲン

アクセスランキング

まとめ作者