2018年07月10日更新
地震の前兆 相模湾 電気クラゲ

【地震の前兆?】相模湾でジンベイザメに電気クラゲ…アジも激減!相模川ではアユが大量発生

相模湾でジンベイザメ、電気クラゲ、アジ激減

1600
0

相模湾でジンベイザメが目撃される

それはこの間の1日。関東が梅雨明けした2日後の出来事。そこに現れたのは、世界最大の魚「ジンベエザメ」だ。船の周りを15分ほどウロウロした後、その場を離れたという。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

電気クラゲも多数目撃

相模湾に面する海岸で今月に入り、触手に強い毒を持つクダクラゲの一種「カツオノエボシ」が相次いで確認され、神奈川県が注意喚起している。
引用元:news.biglobe.ne.jp(引用元へはこちらから)

アジも激減!代わりにアユが相模川で豊漁

相模川で鮎が記録的な豊漁になった原因は、鮎の稚魚が育つ下流の相模湾で、天敵の「アジ」が激減していて、生き延びる鮎が増えたから。アジの漁獲量は例年の5分の1だという。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

このニュースをふまえて…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東海沿岸地域では、古くから「アジが減ると大地震がくる」と言われている

トルコ・イズミット地震の前後にはクラゲが大量発生

ジンベエザメは環境の変化などの影響を受けやすい

7/7には千葉県東方沖で最大震度5弱の地震も

巨大地震の前兆?との憶測広がる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者