2016年07月06日更新
下町ロケット ドラマ 視聴率

【視聴率 ドラマ】「下町ロケット」第4話視聴率は17・1% 殿村さんも神谷弁護士も財前部長も鬼アツ

 俳優の阿部寛(51)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の第4話が8日に放送され、平均視聴率は17・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。第3話からは微減となったが、引き続き好調をキープしている。

210
0
俳優の阿部寛(51)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の第4話が8日に放送され、平均視聴率は17・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。第3話からは微減となったが、引き続き好調をキープしている。

 初回16・1%、第2話17・8%、第3話18・6%と推移。4週連続して15%超えとなった。

 原作は池井戸氏の直木賞受賞作。宇宙科学開発機構の元研究員で、実家の町工場・佃製作所を継いだ佃航平(阿部)がロケットのエンジン開発に情熱を注ぐ姿を描く感動エンターテインメント巨編。池井戸氏原作をドラマ化した「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」を手掛けた脚本・八津弘幸氏、演出・福澤克雄氏が三たびタッグを組んだ。

 第4話は、佃(阿部)の夢に共感した帝国重工の宇宙開発事業部長・財前(吉川晃司)は部品供給のテストをしたいと上司の水原(木下ほうか)に進言。しかし、財前のやり方に不満を抱く水原は、主任・富山(新井浩文)に佃との交渉を任せる。「ポスト財前」の立場を狙う富山は、水原の息がかかった社員を引き連れ、意気揚々と佃の製作所へ向かう。一方、佃は部品供給のテストの趣旨を社員たちに説明。しかし、不満の声が上がり、佃は自分の経営者としての資質に疑問を持つ。その中、佃の元に、かつて宇宙科学開発機構で同期だった三上(吉見一豊)から連絡が入る…という展開だった。
引用元:www.sponichi.co.jp(引用元へはこちらから)

エンターテイメントの新着

10月7日(土)公開、アウトレイジ最終章はこれを見てから見に行け!3分でわかる「アウトレイジ」が公開

映画「アウトレイジ」シリーズを3分でおさらいできる特別映像が公開された 名セリフ...

【NEWS】生放送で手越祐也にキスマーク!?虫刺されやニキビではとの声も・・・真相は?画像リンクあり

9月18日、音楽番組、「ミュージックステーション ウルトラFES」、NEWS、手...

【おしゃれイズム】今井翼さんと森泉さんがカップルみたいだと話題に!お互いにフランクで仲が良い感じ!

「今井翼とスペインへ!釣り対決&パエリア料理披露」の見どころ&Twitterの感...

【鉄腕DASH】グリル厄介で岡村隆史さん大活躍!加藤さん「噛まれたらチャンス!」掛け声が面白い!

「グリル厄介 沖縄で厄介な外来生物を捕獲し、美味しくいただく」の見どころ&Twi...

【鉄腕DASH】何の対策もしないまま放置していた反射炉に台風直撃で、アーチの一部が崩壊する!

鉄腕DASHで台風18号の被害を受けた(受けてるかもしれない)もの・DASH島の...

林修が灘中・和田校長の歴史教科書採択問題を解説、賞賛の声も

【TBS系初耳学】灘の和田校長が凄い?、わかりやすいの声、教育問題、ビジネス、洗...

アクセスランキング

まとめ作者