2017年06月28日更新
多臓器不全 西武 森慎二

【訃報】西武で活躍した森慎二1軍投手コーチが多臓器不全のため死去  昨日入院したばかり

ご冥福をお祈りします

1080
0
西武の森慎二1軍投手コーチが28日、多臓器不全のため死去した。42歳だった。

森コーチは96年ドラフト2位で西武入団。主に抑え、セットアッパーとして44勝44敗50セーブを挙げ、
02、03年には最優秀中継ぎ賞に輝いた。05年にポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。06年にデビルレイズ(現レイズ)に移籍したが、
オープン戦で右肩を脱臼。07年に解雇された。

09年にBCリーグ・石川に選手兼投手コーチとして入団し、10年に監督就任。11年に独立リーグ日本一に導き、
13年から投手兼任監督を務めた。14年限りで現役を退き、15年に古巣・西武に2軍投手コーチ兼育成コーチとして復帰。
昨季途中の5月から1軍投手コーチに昇格し、ブルペン担当として手腕を発揮していた。


引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

アクセスランキング

まとめ作者