2017年12月18日更新
とちおとめ 韓国 いちご

【無断栽培・販売】「とちおとめ」韓国に海賊版…勝手に交配し輸出

日本で開発された農産物のブランド品種が海外で無断で栽培、販売されている事例が相次いでおり、農林水産省は対策を強化する。

38
0
2018年度に東アジアを中心に本格的な実態調査に乗り出す。開発者の権利を保護する品種登録を現地で行うことも支援する。無断栽培を阻止し、日本産の輸出拡大を目指す。

 日本では、野菜や果物の新品種を開発した場合、開発者は品種登録制度によって権利が保護され、ほかの人は勝手に栽培することはできない。しかし、品質が良く高値で売れるブランド品種などは、種子や苗が海外に持ち出され、無断で栽培や販売、輸出されるケースがある。

 例えば、国内外で高い人気を誇るブドウ「シャインマスカット」を開発した農業・食品産業技術総合研究機構は昨年7月、中国でシャインマスカットが無断で栽培されていることを確認した。

 韓国でも、栃木県が開発したイチゴ「とちおとめ」が勝手に他の品種と交配され、「錦香(クムヒャン)」という新品種として出回り、香港などに輸出もされている。農水省によると、韓国産イチゴの9割以上は日本の品種を交配して生産されたものという。日本産より安い韓国産イチゴがアジア市場などに流通したことで、同省は日本のイチゴ業界が5年間で最大220億円分の輸出ができなかったと推計している。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【速報】第158回直木賞は、門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』に決定 セカオワsaoriは受賞ならず

めでたい!

【街の声】八甲田山樹氷にスプレーで落書きの件

十和田八幡平国立公園に指定されている八甲田山系で14日、複数の樹氷に蛍光塗料スプ...

【街の声】前橋女子高生2人をはねた85歳男、向かっていた福祉センターで女性に会うのを楽しみに

1月9日、乗用車を運転し、自動車運転処罰法違反容疑(過失致傷)で逮捕された川端清...

宇都宮線、白岡駅で人身事故発生「乗ってる電車で人身事故起きた」

13:35頃、白岡駅で発生した人身事故の影響で、運転を見合わせています。なお、振...

【悲報】日本の社畜はとにかく悲しく孤独なソルジャー

日本の同調圧力、年功序列が産んだ最低の社会制度、会社、社畜の悲しすぎる性質、特徴...

逆さに読むと違う言葉に?今話題の「アンビグラム」とは?

これはすごい

アクセスランキング

まとめ作者