2018年02月15日更新
平昌五輪 羽生結弦 金メダル

【平昌五輪】羽生結弦、金メダルゼロの日本の状況でも 「誰が取ろうが、僕も取ります」と力強い宣言

これは期待てしまう

447
0
平昌五輪第7日(15日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を狙う羽生結弦(23)=ANA=が、
会場の練習リンクで公式練習に臨んだ。右足首の負傷から復活を目指す16日からのショートプログラム(SP)に向けて調整し、
世界で初成功した4回転ループを披露して状態の良さをうかがわせた。

会場入りしてから初めて跳んだ高難度の技を、フリーの演技構成に組み込む可能性を問われると「はい」と即答。
「足首のことや体のことを何も考えずにスケートをできるのが本当に幸せ」と、約4カ月ぶりの実戦を心待ちにした。

40分間の練習の終盤には4回転トーループからの5連続ジャンプを決めた。
同じリンクでは宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=やネーサン・チェン(18)=米国=ら表彰台を争うライバル勢も調整したが、
五輪王者として仕上がりの良さをアピールした。

SPは最終組のトップとなる25番滑走。平昌五輪での日本勢の金メダリストはまだ誕生していないが「誰が取ろうが僕も取ります」と力強かった。


引用元:www.sanspo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者