2017年10月20日更新
福井 学校 堀口修一

【福井中2自殺】堀口修一校長が「一身上の都合」で退職届けを提出 懲戒免職じゃないので退職金ゲット

 福井県池田町の町立池田中学校(生徒数40人)で3月、2年の男子生徒(当時14歳)が校舎3階から飛び降りて自殺した問題で、 池田町教育委員会は20日、同校の堀口修一校長が「一身上の都合」を理由に退職願を町教委に提出したと明らかにした。

1347
0

 町教委によると、退職願は県教委宛てで、19日に町教委の内藤徳博教育長に提出された。
内藤教育長は「校長ら関係職員の処分を検討しており、決まるまでは預かる」としている。

 町教委は15日、男子生徒について「担任と副担任から強い叱責を受けて追い詰められた末の自殺」と結論づける報告書を公表。
堀口校長は記者会見で「指導監督が十分にできず、彼を苦しめ、傷つけ追い詰めてしまった」として謝罪したが、
男子生徒への叱責については「報告が無く、知らなかった」と説明していた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

まとめ作者