2016年07月06日更新
doraemon ドラえもん タイムルーム

【ドラえもん】タイムルーム、タイムマシン、タイムベルトの違いとは?

タイム・ルーム有ればタイムマシン要らなくね?タイムベルト使えよ!突っ込みどころ満載ですが、それぞれの違いがあるんです!

3832
0

タイムマシンの一種。部屋に取り付けて時間を指定すると、その部屋が丸ごとその時間へタイムスリップする。移動先から元の時点に戻るには部屋の中にいる必要があり、部屋から物が外に出た状態で元の時点に戻ると、外の物は移動先の時点に置き去りになる(作中では、少年時代ののび助に「タンキくん」の第8巻を盗られてしまい、しかもその漫画が発売された日がこの道具を使った日だったため、タイムパラドックスが生じてしまった)。原作では過去(のび助の少年時代)に行くために1度使用したのみだが、テレビアニメ第2作1期「羽アリのゆくえ」(1993年4月2日放送)では一年後の未来にも行っている。

「タイムベルト使えよ……」

画像を拡大

タイムマシンの一種。ベルト型をしており、腰に巻いて使用する。バックル部のスイッチを入れることで、ベルトをした者は一瞬にしてタイムマシン航行時と同様の超空間に転移し、別の時代へと行くことができる。

出典:nichaliver.doorblog.jp

≪タイムマシンとの最大の違い≫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラえもんが普段使用するタイムマシンとの最大の違いは、空間移動能力を持たないという致命的な短所がある点。このタイムベルトを使って数億年前の大昔へ行っても、その時代は現代と地形が違っていて周囲は海のど真ん中になっていた、などということも起きかねない。また、身に着けて使う道具のため、複数の者が時間移動を行なうためには人数分のタイムベルトが必要となる。

まあ、今回は秋はサンマをペットに!?『空とぶサンマがやってきた』が衝撃でしたけどね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者