2016年07月06日更新
看板猫 にゃんこ

【看板猫】全国の猫好きよ、集え

先日、和歌山電鉄のたま駅長が亡くなり、国内外から多くの人が和歌山に訪れてたまの死を悲しみました。名誉駅長となったたまはお空で私たちを見守ってくれているでしょう。ほかの看板猫に、お空からアドバイスをくれていたりしたらいいですね。

2366
0

まとめ

まるで猫を商売道具のように扱うことに抵抗を持つ方もいるでしょう。

でもどの猫も自由です。
強制されていません。
自分で好きなことをして生きている猫です。
いやならとっくに逃げ出しているでしょう。

愛された猫は自分の知らないうちに、その存在することだけで恩返しをしているのです。

紹介した駅やお店で猫を見つけても、無理にだっこしたり写真を撮ったりすることは基本的に避けてください。
ほとんどの猫は嫌がるでしょう。
遠くから声をかけて、近づいてきたら駅員さんやお店の人の許可を得て、なでてあげたりしてください。
そうすれば猫もあなたも幸せになれます。

幸せな猫をたくさん増やしてあげましょう。

旅行 / 地域情報の新着

アクセスランキング

まとめ作者