【とんねるずのみなさんのおかげでした】男気ジャンケンにビートたけし・ピエール瀧が参戦!豪華すぎる

「男気ジャンケン ~最終章~ 男気軍団vsアウトレイジ軍団」見どころ&Twitterの感想まとめ。9月21日。

1533
0

男気ジャンケン ~最終章~ 男気軍団vsアウトレイジ軍団

男気ジャンケンの舞台となるのは「GINZA SIX」。太鼓が鳴り男気タイム中は商品を買いたくないなどの言動はNG。まずは地下2階の食品売り場へ。はちみつ専門店の「L’ABEILLE」で、8100円の「パルファン・ドゥ・ミエル プレミアムギフト」10セット、合計81000円をかけてジャンケンする。ジャンケンの結果、竹山が勝ち残り81000円を支払った。

4階のファッション&ライフスタイルフロアへ。着物ブランドの「JOTARO SAITO」で、ジャージ素材の着物フルセット、合計205000円をかけてジャンケンする。このジャンケンはグループ戦で勝負。アウトレイジ軍団からビートたけし、男気軍団から高嶋政宏が勝ち上がった。
引用元:tvtopic.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
着物ブランドの「JOTARO SAITO」で、ジャージ素材の着物フルセット、合計205000円をかけ、ビートたけしと高嶋政宏がジャンケン。ジャンケンの結果、ビートたけしが勝ち残り205000円を支払った。

宮内庁御用達の老舗漆器専門店の「漆器 山田平安堂」で、パーティープレート・吸物椀・大椀の3点セットを4セット、合計250560円をかけてジャンケンする。このジャンケンはグループ戦で勝負。男気軍団からは石橋貴明、アウトレイジ軍団からはピエール瀧が勝ち上がり、決勝戦へ。決勝戦の結果、ピエール瀧が勝ち残り250560円を支払った。

5階のファッション&ライフスタイルフロアへ。ドイツの名門カメラブランドの「Leica Store」で、高級デジタルカメラの「LEICA D-LUX」、合計167400円をかけてジャンケンする。このジャンケンは両軍が1人ずつ対戦し、最後まで勝ち抜いた人が支払う勝ち抜き戦。
引用元:tvtopic.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
ドイツの名門カメラブランドの「Leica Store」で、高級デジタルカメラの「LEICA D-LUX」、合計167400円をかけてジャンケンする。このジャンケンは両軍が1人ずつ対戦し、最後まで勝ち抜いた人が支払う勝ち抜き戦。ジャンケンの結果、勝ち抜いた大森南朋が167400円を支払った。

ジャージ素材の着物を購入していたビートたけしが、「アウトレイジ最終章」の告知をした。

日本の最高級キャンプ用品メーカーの「snow peak MOBILE」で、高級キャンプグッズ、合計182340円をかけてジャンケンする。このジャンケンも勝ち抜き戦。ジャンケンの結果、大森南朋が5人抜きして勝ち抜いたものの、男気軍団の提案でリバースして勝ち抜き戦を継続。
引用元:tvtopic.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
日本の最高級キャンプ用品メーカーの「snow peak MOBILE」で、高級キャンプグッズ、合計182340円をかけてジャンケンする。勝ち抜き戦で5人抜きした後、リバース勝ち抜き戦に挑んだ大森南朋。7人抜きに成功し、182340円支払った。

13階のレストラン&ラウンジフロアへ。熟成肉を提供する炭火焼肉レストランの「旬熟成 GINZA GRILL」で、赤城牛のランイチのブロック肉12kg、合計310000円をかけてジャンケンする。このジャンケンはトーナメント戦で勝負。トーナメント戦の結果、矢作兼とピエール瀧が決勝戦に勝ち上がったものの、スタッフの構成ミスでジャンケンのやり直し。矢作兼、木梨憲武、ビートたけし、大森南朋、ピエール瀧の5人で決勝戦をした。

13階のレストラン&ラウンジフロアへ。熟成肉を提供する炭火焼肉レストランの「旬熟成 GINZA GRILL」で、赤城牛のランイチのブロック肉12kg、合計310000円をかけてジャンケンする。トーナメント戦の結果、勝ち上がったピエール瀧が310000円を支払った。

ロケ中に言い争いをする番組プロデューサーの太田一平と番組ADの内田ノートル。ビートたけしからの要望で千疋屋の高級メロンを人数分用意したものの、申請されていないということで費用を落とせなくなったという。メロンは1個23000円、人数分で合計230000円。そこで桐箱入りメロン10個、合計230000円をかけ、再びジャンケンをした。ジャンケンの結果、勝ち上がった木梨憲武が230000円を支払った。

最終結果を発表。男気軍団は311000円、アウトレイジ軍団は1115260円を支払い、アウトレイジ軍団の勝利。個人優勝は560560円を支払ったピエール瀧。
引用元:tvtopic.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者