2018年01月13日更新
カヌー 鈴木 妨害行為

カヌーの鈴木、2010年ごろから妨害行為

昨年9月のカヌーのスプリント日本選手権で小松正治(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させた鈴木康大(32=福島県協会)が、小松の現金やパスポートを隠し、所属先に中傷する内容のメールを送るなどの多岐にわたる嫌がらせ行為を繰り返していたと関係者に話していることが11日、分かった。

147
0
カヌー鈴木康大、中傷メールに現金パスポート隠しも


 昨年9月のカヌーのスプリント日本選手権で小松正治(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させた鈴木康大(32=福島県協会)が、小松の現金やパスポートを隠し、所属先に中傷する内容のメールを送るなどの多岐にわたる嫌がらせ行為を繰り返していたと関係者に話していることが11日、分かった。

鈴木はいずれも認め、小松に対して手紙で謝罪している。

オリンピック(五輪)出場経験のない鈴木は昨年、若手有望株の小松に勝てなくなり、五輪出場が有望なカヤックフォア(4人乗り)の日本代表メンバーからも外れた。

 昨年6月、石川・小松市で行われた代表合宿中に「困らせようと考えた」と更衣室で現金2万円とパスポートを隠したことをきっかけに行為はエスカレート。

小松にドーピングで陽性反応が出れば自分が代表になれる可能性があると考え、9月11日の日本選手権で小松の予選レース中に飲料に禁止物質を混入させ、決勝レース後にはパドルとスピードメーターを盗んだ。

スピードメーターは会場のごみ箱に捨て、パドルは車に隠したという。パスポートがなくなった小松は7月の海外遠征への出発が遅れた。

 9、10月には小松の所属先に計4回、中傷メールを送った。

プライベートな内容も書かれていたという。
引用元:日刊スポーツ

街の声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者