長洲未来(米国)、五輪で史上3人目のトリプルアクセル成功、伊藤みどり、浅田真央に次ぐ

「平昌五輪・フィギュアスケート団体・女子フリー」(12日、江陵アイスアリーナ)で24歳の長洲未来(米国)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功した。

351
0
長洲未来、真央見て始めたトリプルアクセル 五輪で3人目成功「うれしい気持ちしかない」

2/12(月) 12:59配信 デイリースポーツ


 「平昌五輪・フィギュアスケート団体・女子フリー」(12日、江陵アイスアリーナ)

 バンクーバー五輪代表で24歳の長洲未来(米国)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功した。

五輪での成功者は伊藤みどり、浅田真央に続く3人目。

長洲は「うれしい気持ちしかない」と満面の笑みを浮かべた。

会心の演技だった。

演技冒頭、長い助走から踏み切ると、3回転半を回って美しく着氷。

夢見た舞台で、1・57点もの加点がつく出来栄えで大技を成功させた。

その後も完璧な演技を見せ、フィニッシュポーズと同時に両手を握って雄たけび。

チームメートからも大きな声援を受け「楽しくて、うれしかった」と振り返った。

トリプルアクセルに憧れたのは8年前。五輪の舞台で見た、浅田真央さんの美しいジャンプだった。

「すごいと思った。五輪の舞台でプレッシャーがかかってるのに、きれいに決めた。それを見て、自分もそういうすごいジャンプをやりたいと思った」

 ロサンゼルスですし店を営む日本人の両親から生まれ、5歳で競技を始めた。

14歳で全米女王となり、10年バンクーバー五輪は4位入賞を果たしたものの、その後伸び悩みの時期も経験した。

その頃から始めたトリプルアクセルの練習。

昨年8月に浅田真央さんが座長を務めるアイスショー「THE ICE」に出演した際には、浅田さんから「これなら跳べるんじゃない?」と背中を押された。

 五輪の舞台で、憧れてきた大技を決め「うれしい気持ちしかない」と長洲。

個人戦へ向けても「また1からやって、100%で出たい」と力強く話した。
引用元:デイリースポーツ

街の声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

大杉漣急死、相棒の副総監役どうなるのの声も

放送どうなる?相棒どうなる、大杉漣、ドラマ相棒、不安の声、ネット、インターネット...

【ぐるナイ】俳優大杉漣さん死去に「ゴチはどうなるの?」「レギュラーだったのに…」声も

東武スカイツリーライン 北千住駅~牛田駅間で人身事故 現地の様子 2/22

東武スカイツリーライン・東武伊勢崎線 北千住駅で人身事故発生

【放送事故】NHKの中継映像で映されてしまった、衣装はだけたアイスダンスフランスペア

平昌五輪で19日、フィギュアスケート・アイスダンスのショートダンス(SD)が行わ...

【怖い】大杉蓮さんの死亡がヤフー知恵袋で予言されていたと話題に 投稿は削除される

ヤフー知恵袋で予言されていたと話題に、誰なのか?関係者説にしては日時が早すぎる?...

【臨床検査技師国家試験解答速報2018】第64回臨床検査技師国家試験解答速報・合格率・受験者の感想

まとめ作者