臨床検査技師が語る、星野仙一氏が闘った「すい臓がん」は「最も恐ろしいがん」

2016年の死亡数が多い部位は 男性で1位肺がん、2位胃がん、3位大腸がん、4位肝臓かん、5位膵臓がん、 女性で1位大腸がん、2位肺がん、3位膵臓がん、4位胃がん、5位乳がん。

372
0
闘将・星野仙一監督が闘った「膵臓がん」は「最も恐ろしいがん」である。

柳田絵美衣 | 臨床検査技師(ゲノム・病理検査)、国際細胞検査士

1/6(土) 9:30


星野仙一氏死去 死因はすい臓がん 

星野仙一という偉大な男が闘った膵臓がんは

「最も恐ろしいがん」といわれている

膵臓がんは診断時に、腹痛や腰背部痛といった痛みが現れていることが多い。

膵臓がんと新たに診断される人数は、やや男性に多い傾向にある。

膵臓がんは年齢別では、60歳ごろから増え、高齢になるほど多くなる。



引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

街の声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

アクセスランキング

まとめ作者