2017年12月17日更新
尿検査 ガン 診断

尿検査でガンを発見、名大教授ら

名古屋大学や国立がん研究センターの研究チームが、ヒトの尿からガンを見つける技術を新たに発見したと発表しました。

126
0

尿を使ったガン診断が期待

 名古屋大学や国立がん研究センターの研究チームが、ヒトの尿からガンを見つける技術を新たに発見したと発表しました。

 発表したのは、名古屋大学大学院工学研究科の馬場嘉信教授らの研究チームです。

 馬場教授らは、様々な病気の兆候を示す「マイクロRNA」と呼ばれる物質に着目。

今までヒトの尿に含まれる「マイクロRNA」は、約300種類を検出するのが限界でしたが、

ナノワイヤと呼ばれる非常に小さい物質を用いた器具を使い、

1ミリリットルの尿から1000種類以上の「マイクロRNA」を検出。

この技術を使ってガン患者の尿を調べたところ、特定のマイクロRNAの増減が確認されたということです。

 研究チームは今後、尿を使ったガン診断が期待できると話しています。

ネットユーザーの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな感想も

イニチア | これ何気にメチャクチャもの凄い事だね。

医療現場変わるよ。

海 | そのうち健康診断の尿検査でがんがみつけられるかも。

sot***** | もう普通にあなたはガンですって言われても平気な時代が来るかもね。

初期の段階でみつかれば完治の確立も増えるので

一般検診で取り入れられるくらいになればいいけど。

技術も価格も。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

アクセスランキング

まとめ作者