NHK 『ガッテン!』食物アレルギー対策、経口負荷試験は必ず医療機関で

※アレルギー物質の摂取は、自己判断では絶対に行わないでください! 必ず食物アレルギーを専門にしている医師がいる医療機関で行ってください

245
0
子どもの食物アレルギー対策・最新情報
2016年の食物アレルギーガイドラインによると、子どもの食物アレルギーについて、原因である食べ物をすべて除去するのではなく、「可能な範囲で摂取することを目指す方針」へと大きく変わりました。しかし、アレルギーの程度は一人一人違うため、どのくらいなら食べても症状がでないか正確に知る必要があります。そこで今、経口負荷試験と呼ばれるテストがすすめられています。

※アレルギー物質の摂取は、自己判断では絶対に行わないでください!
必ず食物アレルギーを専門にしている医師がいる医療機関で行ってください

【経口負荷試験(保険適用)】

医師の管理のもと、実際に原因となる食品を少しずつ摂取し、 どの程度なら食べても安全かを見極めるテスト
アレルギーを専門としている病院の小児科などで受けられる。
一方、去年11月にこの経口負荷試験や臨床研究中の治療で一時、呼吸困難などの重い症状が出たケースがあることが日本小児アレルギー学会の報告でわかりました。学会では全国の病院など各施設に注意喚起を行うとともに、より安全に検査や治療が受けられるようにそれぞれの事例について調査していく予定です。

NHK健康チャンネルにも子どもの食物アレルギーについて予防や対策について詳しく書かれています。
引用元:www9.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者