1/20このタイミングの「ラストアイドル」この先どうなる?

この『ラストアイドル』はAKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康氏が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべく、2017年8月にスタートしたオーディション番組。

1379
0
2nd SEASON

■7人のデビューがゴールではなかった…!! 次なるバトルは…ユニット対抗戦!

 この『ラストアイドル』はAKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康氏が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべく、2017年8月にスタートしたオーディション番組。


 所属事務所の許可さえあればほかのグループとの兼任もできる“プロアマ問わず兼任可能”という前代未聞の応募条件や、毎週行われる残酷な“メンバー入れ替えバトル”が話題を集めてきました。

 そして4カ月におよぶバトルの結果、12月16日(土)の放送で最終メンバーが決定!

 阿部菜々実(あべ・ななみ)、吉崎 綾(よしざき・あや)、大石夏摘(おおいし・なつみ)、安田愛里(やすだ・あいり)、長月翠(ながつき・みどり)、鈴木遥夏(すずき・はるか)、古賀哉子(こが・やこ)の7人が、『ラストアイドル』として12月20日(水)にデビューシングル『バンドワゴン』をリリースしました。

 また、番組からは、バトルに敗れた元暫定メンバーや、敗北した挑戦者たちによる4つのセカンドユニット『Good Tears』『シュークリームロケッツ』『Someday Somewhere』『Love Cocchi』も誕生しています。

しかし…この戦いは、まだ序章に過ぎなかった…!

■豪華プロデューサー陣がしのぎを削る! 前代未聞のバトルが勃発!

 そんな『ラストアイドル』のセカンドシーズンが、新年からスタート! セカンドシーズンで展開されるのは…『ラストアイドル』のセカンドシングルを賭けて行われる、ユニット対抗の総当たり戦!

 なんと5つのユニットそれぞれに名だたるプロデューサーがひとりずつ就任、ユニットのメンバーとタッグを組んでバトルを繰り広げていきます…!

 そのプロデューサーとは――

★相川七瀬、ZARD、TUBEなど、様々なビッグアーティストの作曲を手掛けてきた音楽プロデューサー・織田哲郎
★プロデュースした楽曲の総売り上げ数は1億7000万枚以上。日本のムーブメントを作り上げた音楽プロデューサー・小室哲哉
★アイドルグループ=LOVEのプロデューサーであり、自身もHKT48で活動する現役トップアイドル・指原莉乃
★モーニング娘。を筆頭に、ハロー!プロジェクトを設立、アイドル界の一時代を築き上げたプロデューサー、つんく♂
★AKB48グループ、坂道シリーズ、そして『ラストアイドル』ファミリーの現プロデューサー、秋元康

 ――という錚々たる面々!

 この5人の超大物プロデューサーが担当ユニットの楽曲、ダンス、衣装まですべてをプロデュース!  バトルの末、第1位を獲得したグループが、セカンドシングルの表題曲を歌うことになります。

 誰がどのユニットを担当するかは抽選で決定することになっており、いったいどんな組み合わせが生まれるのか、今のところは神のみぞ知る段階!

 はたして、どのユニットが、『ラストアイドル』ファミリーのトップとなり、セカンドシングルを歌う権利を手にするのでしょうか…!?  新たなる戦いから、目が離せません!

■セカンドシングルの表題曲をかけた総当たり戦


引用元:www.tv-asahi.co.jp(引用元へはこちらから)

視聴者の声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

大杉漣急死、相棒の副総監役どうなるのの声も

放送どうなる?相棒どうなる、大杉漣、ドラマ相棒、不安の声、ネット、インターネット...

【ぐるナイ】俳優大杉漣さん死去に「ゴチはどうなるの?」「レギュラーだったのに…」声も

東武スカイツリーライン 北千住駅~牛田駅間で人身事故 現地の様子 2/22

東武スカイツリーライン・東武伊勢崎線 北千住駅で人身事故発生

【放送事故】NHKの中継映像で映されてしまった、衣装はだけたアイスダンスフランスペア

平昌五輪で19日、フィギュアスケート・アイスダンスのショートダンス(SD)が行わ...

【怖い】大杉蓮さんの死亡がヤフー知恵袋で予言されていたと話題に 投稿は削除される

ヤフー知恵袋で予言されていたと話題に、誰なのか?関係者説にしては日時が早すぎる?...

【臨床検査技師国家試験解答速報2018】第64回臨床検査技師国家試験解答速報・合格率・受験者の感想

まとめ作者