2016年07月06日更新
物吉くん 物吉貞宗 刀剣乱舞

【刀剣乱舞】本日実装!とうらぶ 物吉貞宗に関する逸話、イラストまとめ【刀剣乱舞】

【刀剣乱舞】本日実装したという、とうらぶ物吉貞宗に関する逸話、イラストを集めました!

1462
0

新キャラ、物吉貞宗が実装!!!

物吉貞宗とは、どんな刀剣?

短刀
無銘 貞宗(名物 物吉貞宗)
1尺9分5厘(33.2cm)
重要文化財
徳川美術館所蔵
引用元:meitou.info(引用元へはこちらから)

「勝利をもたらす、家康の愛刀」

鎌倉時代につくられた日本刀。相州貞宗の作による短刀。「享保名物帳」に所載。
引用元:kotobank.jp(引用元へはこちらから)
正宗の子、貞宗の作で、同工の得意とする一作風を示した優品である。享保名物帳所載の物吉貞宗である。徳川家康の愛刀で没後尾張義直に譲られた。物吉の異名は、尾張家記録によると、本短刀を帯びて陣に臨めば必ず勝利を得たことによるという。
引用元:bunka.nii.ac.jp(引用元へはこちらから)

•差表に瑶珞、素剣、鍬形、蓮華、梵字を彫る。差し裏に素剣、鍬形、蓮華、梵字。
•鋩子は乱れ込み、中心うぶ。目釘孔2個で1個は鉛埋め。無銘。
•目貫が後藤祐乗の作で、じっと見つめていると竜が瞬きするように見えるため家康が「瞬きの竜」と名づけたという。

由来

•尾張家記録によると、物吉の異名は本短刀を帯びて陣に臨めば必ず勝利を得たことによるという。

•徳川家康の愛刀で没後尾張義直に譲られた。
•当初義直への遺産に含まれていなかったこの刀は、義直の母お亀の方が尽力し、義直のものとなったという。

•尾張家では、藩主が狩衣着用で脇差をさせない場合や、将軍家から御祓いや日光のお鏡を頂戴する時にこれを懐中に帯びていた。また道中は駕籠の中に入れ携行し、隠居する時に初めて次の藩主に譲り渡したという。
•4代吉道のころになると、普段は刀箱にいれ、中御間の床の上に置いておき、火急の際には小姓が持出すことになっていた。
•幕末には藩主のお側の刀箪笥の一の抽斗にいれてあったという。

「瞬きの竜」

目貫が後藤祐乗の作で、じっと見つめていると竜が瞬きするように見えるため家康が「瞬きの竜」と名づけたという。
引用元:meitou.info(引用元へはこちらから)
尾張家では、藩主が狩衣着用で脇差をさせない場合や、将軍家から御祓いや日光のお鏡を頂戴する時にこれを懐中に帯びていた。また道中は駕籠の中に入れて携行し、隠居する時に初めて次の藩主に譲り渡したという。
引用元:meitou.info(引用元へはこちらから)

趣味の新着

けものフレンズもケロロ軍曹も吉崎観音先生が生み出したんだよ!動物擬人化とか、似てるところがいっぱい!

動物がフレンズ化して人間の女の子の姿になる、っていう設定で大人気のアニメ『けもの...

【火災情報】 三宮センター街で火事 煙が充満 兵庫県神戸市中央区三宮町

【火災情報】 三宮センター街で火事 煙が充満

【とら婚】「とらのあな」がオタク限定の婚活サイトをオープン!内容もガチ過ぎると騒然!!比較や紹介

同人誌を中心とした漫画関連商品などを店頭販売および通信販売する同人ショップ「とら...

【NASA】水存在の可能性の地球に似た惑星を「地球の7つの妹」と名付け日本では擬人化が捗る事案発生

NASAが発表した地球に似た7つの惑星が「地球の7つの妹」と名付けられ日本では「...

【七つの大罪 208話】先週:女神族強よすぎww 今週:十戒ヤバすぎww 【ネタバレ】

七つの大罪のネタバレです

兵長どうした?身長誤魔化しすぎ!「東京ガールズコレクション」と『進撃の巨人』のコラボに激震!!

「東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER」とアニメ『進撃...

アクセスランキング

【火災情報】 三宮センター街で火事 煙が充満 兵庫県神戸市中央区三宮町

【火災情報】 三宮センター街で火事 煙が充満

『ユーリ!!! on ICE』の気づきにくい伏線まとめ!勇利が本当にカツ丼禁止されてる、など

「2話のカツ丼禁止令を3話でも勇利が守っている」「2話で箸を使えなかったユリオが...

【とら婚】「とらのあな」がオタク限定の婚活サイトをオープン!内容もガチ過ぎると騒然!!比較や紹介

同人誌を中心とした漫画関連商品などを店頭販売および通信販売する同人ショップ「とら...

【火災情報】 ラーメン柿の木で火事 鹿児島県鹿児島市東谷山4丁目

ラーメン柿の木で火事

第106回看護師国家試験 午前の部・午後の部解答速報 解説 合格ボーダーライン

第106回看護師国家試験 午前の部・午後の部解答速報

神に選ばれた天才今田くんが慶應落ち 今田雅大

神に選ばれた天才今田くんが慶應落ち

まとめ作者