【松来未祐】松来未祐さんの死因である「悪性リンパ腫」を引き起こした慢性活動性EBウイルス感染症とは…

ご遺族の「同じ病気の一人でも多くの人が、早期発見により助かって欲しいので、病名を公表したい」とのご意向に松来未祐さんの死因である病名が判明…死因は「悪性リンパ腫」だが、それをを引き起こした「慢性活動性EBウイルス感染症」に恐怖!!症例少ない難病

425
0

松来未祐 公式ブログ

ご遺族の「同じ病気の一人でも多くの人が、早期発見により助かって欲しいので、
病名を公表したい」とのご意向により、この度病名を公表することといたしました。
引用元:blog.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
6月30日に急性肺炎で緊急入院をすることとなりました。
精密検査の結果、「慢性活動性EBウイルス感染症」という
非常に症例が少なく、難病指定もされていない難しい病気であることが判明し、
そこから松来未祐の闘病生活が始まりました。
引用元:blog.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
9月4日には奇跡的に一時退院が認められましたが、9月18日再入院。
10月27日午後10時18分永眠いたしました。
最終的な死因は「悪性リンパ腫」でした。
引用元:blog.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

慢性活動性EBウイルス感染症 とは?

EBウイルスは日本人の殆どが保菌しているありふれたウイルスですが、非常に稀なケースでこのウイルスが原因で体内の免疫制御ができない状態になり、そのためウイルスが増え続けて重症化する場合があり、それを慢性活動性EBウイルス(CAEBV)と呼びます。

非常に致死率が高い予後不良の疾患ですが、稀であるため難病指定もされていません。

慢性活動性EBウイルス感染症(まんせいかつどうせいEBウイルスかんせんしょう、Chronic Active Epstein-Barr Virus infection : CAEBV)とは、EBウイルス (Epstein-Barr virus) が慢性的に体内で活動、増殖を続ける稀な疾患である。
引用元:ja.m.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
CAEBVは現在有効な治療が確立されておらず、血球貪食症候群を併発したり、最終的に多臓器不全や悪性リンパ腫などを発病することで依然高い致死率を示す予後不良の疾患であるとされる。
引用元:ja.m.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

症状の現れ方

何カ月も続く発熱、リンパ節・肝臓・脾臓のはれ、発疹、蚊アレルギー、肺炎、慢性(活動性)肝炎、慢性・反復性下痢などが高頻度にみられます。合併症には死に至るものが多く、心筋炎、心内・外膜炎、冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)、肝硬変(かんこうへん)・肝不全、腎炎、脳炎などがあります。また、さまざまな悪性リンパ腫、横紋筋腫瘍(おうもんきんしゅよう)など多種多様な悪性腫瘍を合併します。
引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

治療の方法

確立された治療法はなく、免疫療法、悪性リンパ腫に準じた抗がん剤の多剤併用療法、抗ウイルス療法などが試みられてきました。これらの治療はある程度有効ですが、その効果は一時的で、完治には至りません。
引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者