【ノーベル賞 受賞】ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智先生が凄すぎる!!『2億人を救った化学者』

スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、今年のノーベル医学生理学賞を大村智・北里大特別栄誉教授(80)ら3人に授与すると発表!!「イベルメクチン」のもととなる「エバーメクチン」など、数々の抗生物質を発見「2億人を熱帯病から守った化学者」

933
0

医師ではない化学者が医療分野で受賞。

有機化学者大村智が静岡県の土中の微生物から開発したわずか3ミリの錠剤は、感染症予防に絶大な効力を発揮。
引用元:ghitfund.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
オンコセルカはアフリカおよび中南米などで1億人が感染の危機にさらされているといわれ、感染すると耐えられないかゆみがあり、重症化すると失明を引き起こす。
引用元:ghitfund.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
オンコセルカとリンパ系フィラリア症の予防に劇的な効果を発揮することがわかった。
引用元:ghitfund.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

大村 智 2億人を病魔から守った化学者

アフリカの田舎の、さらに奥地。医師のいない集落にも、その薬は届いている。「この薬を1回、飲んでください」。集落の代表者が住民一人一人に薬を配り、失明を引きおこすオンコセルカ感染症を防ぐ。病気を防ぐだけでなく、現地の人がより働けるようになり、食糧増産など経済効果も大きいという。
引用元:ghitfund.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

大村 智 2億人を病魔から守った化学者(5)
  直感とひらめきとは自身の目標に向かい、日頃からの
  知識や技術の向上、先人の優れた作品に出会うなどの
  研鑽の積み重ねの中で出てくるものである。

健康の新着

大山のぶ代さん、夫の遺体を見て一瞬悲しむもすぐに「家に帰る」と介護施設に帰宅。葬式も欠席

葬儀欠席の大山のぶ代、通夜前日に棺の中で眠る夫と対面

女性「弱ったネコを保護しよう」→マダニが媒介する感染症に感染した猫に噛まれて10日後に死亡

国立感染症研究所によると、平成28年5月~7月、弱った野良猫を保護しようとした西...

【高須克弥裁判】「キャッチコピーは元妻の遺産」民進党に怒りで涙 今妻のサイバラは法廷画家デビュー

高須先生、民進党に負けるな!でもって、サイバラさんは顛末を全部漫画にしちゃうんで...

血液1滴で「がん13種類」を早期発見する検査法を開発!全ての診断で95%以上の精度―3年めど事業化

国立がん研究センター(東京都)などは、血液1滴で乳がんなど13種類のがんを早期発...

ミスチル桜井「薄毛が進行中」の背景にあった「切実な問題」とは?

桜井に「薄毛進行」説が急浮上。7月15日付の「日刊ゲンダイ」では「頭頂部の髪を全...

【野球】巨人 山口俊 酔って警備員を負傷させた疑いなどで予告先発回避 横浜ファンから「ざまぁw」の声

 巨人の山口俊投手(30)が、予告先発投手として発表されていた 18日の中日戦(...

アクセスランキング

まとめ作者