【最新情報】ミュゼ倒産危機!?運営会社が行う『任意整理』って?私たちの契約・解約・返金はどうなるの?

脱毛最大手「ミュゼプラチナム」運営会社が行う『任意整理』って?私たちの契約・解約・返金はどうなるの!?ミュゼはかなりヤバイ状態では?状況をまとめてみました。

2471
0
画像を拡大

利益が良く分からない事に

出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

損益分岐点

甘めに見ても損益分岐点は350億円。結構高いですね。広告費を削減すれば、その分下がりますが、『その年売れたチケットは、未使用でも全てその年の売上に』という恐ろしい会計方針のせいで、広告費を掛けて新規会員を募集し続けなければ、売上がゼロになってしまいます。(なので、広告費は本来変動費ですが便宜上固定費に入れてます。)
引用元:rick08.hatenablog.com(引用元へはこちらから)
未使用分の合計が5百数十億。H.25、H.26の売上は300億円台ですから、真の売上は、公表されている売上のざっくり6割ぐらいではないでしょうか。200億円/年ぐらい。

 仮に真の売上が200億だとしたら、損益分岐の350億にはどうしたって届きません。つまり、真っ赤っ赤の会社、ということになるのですね。なんでこんなになるまでほっといたのでしょうか。
引用元:rick08.hatenablog.com(引用元へはこちらから)
未使用チケットは最後の施術から2年以内だと解約返金出来る、ということなので、会社にとっては負債です。なのにこの会社は売上にあげちゃってるんですね。その結果、利益が多く上がっており、その分の税金まで払っている始末です。
引用元:rick08.hatenablog.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

またもや解約ラッシュか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

美容 / ファッションの新着

アクセスランキング

まとめ作者