「サッカー女子ワールドカップ2015カナダ大会」 なでしこジャパン監督・選手 名言集(随時更新)

女子ワールドカップ2015カナダ大会で、多くのファンの期待に応える戦いぶりを見せているなでしこジャパン。印象的なのは、そのプレーだけでなく、彼女たちが発する言葉。ここでは、記憶に残したい名言をまとめてみました。

3062
0

福元美穂

(エクアドル戦を控えて)
「ピッチに立つ以上は選手として、しっかりと仕事をするだけだと思っているので、どういう状況になっても変わらずに、いつもの自分のプレーをするだけです」
引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)

安藤梢

(スイス戦で怪我をしてカメルーン戦をスタンド観戦。その試合後)
「必ず2連覇を達成してくれると信じている。気持ちだけはみんなと一緒に戦いたい」
引用元:www.47news.jp(引用元へはこちらから)
(怪我で日本に帰国する際)
「怪我をした時はもちろんしんどかったけど、帰国までの間は、チームの力になりたかったから、笑顔でいたいと思っていた。すると、チームメイト全員が声をかけてくれ、自然と前向きになることができた。みんなが普段通りに明るく接してくれて、私の方がみんなから元気をもらったんです」
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

北原佳奈

(出場のなかったスイス戦翌日)
「スイス戦は、夢だった場所にやっと来ることができたという気持ちと、ピッチに立てなかった悔しい気持ち、チームが一丸となって初戦に勝つことができて本当にうれしい気持ちがありました」
引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者