「サッカー女子ワールドカップ2015カナダ大会」 なでしこジャパン監督・選手 名言集(随時更新)

女子ワールドカップ2015カナダ大会で、多くのファンの期待に応える戦いぶりを見せているなでしこジャパン。印象的なのは、そのプレーだけでなく、彼女たちが発する言葉。ここでは、記憶に残したい名言をまとめてみました。

3353
0
(イングランド戦前日)
「チームが勝つために自分が今できることを一生懸命やりたい。ここまで来ると全員の力が必要。控えの選手が試合を決めると思っている」
引用元:www.nikkansports.com(引用元へはこちらから)

岩清水梓

(スイス戦前日)
「苦しみながらも、やはり結果がほしいです」
引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)
(カメルーン戦前日)
「相手に仕事をさせない試合にしたいと思っています」
引用元:www.jiji.com(引用元へはこちらから)
(オーストラリア戦を控え)
「最後は気持ちです。気持ちが強い方が勝つと思うので、そこは負けたくありません」
引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)

川澄奈穂美

(出場のなかったスイス戦翌日)
「私自身、チャンスは絶対に来ると思っているので、そのときのために良い準備をすることが今の自分の仕事だと思います」
引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)

大野忍

(オランダ戦を控え)
「どんな形でも自分らしさが出せれば良いと思いますし、「やっぱり世界チャンピオンだ」と思ってもらえるようなプレーをして結果を出したいと思っています」
引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)
(イングランド戦前日)
(優勝した前回大会からの4年間で身に着けたチームの強みは?)
「自信でしょうか。やり切る力、最後まで諦めない力を持ち続けてプレーしているつもりです。それが結果として出ていることが強みだと思います」

引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)

宇津木瑠美

(オランダ戦前日)
「一発勝負で大事なのは気持ちだと思います。4年に一度ですし、うまい下手を見せ合う試合ではなく、点を獲る、獲られない、戦えるかどうかが一番大事だと思います」
引用元:www.jfa.jp(引用元へはこちらから)

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者