2016年07月06日更新
給食 健康 食育

「給食の牛乳が廃止」報道に賛否両論の意見が噴出!あなたはどっち派?

新潟県三条市で、今年の9月から給食の牛乳を廃止する決定がされました。この決定に対しては様々な意見が出て、賛否両論入り乱れています。なぜ廃止を決定したのか。それによって給食の何が変わるのでしょうか。今後の牛乳の扱いはどうなるのでしょうか。

2464
0

廃止の理由とは?

三条市では学校給食を「生きた教材」「食べることを学ぶ時間」と捉えており、2008年4月からパンや麺類を出さない完全米飯給食を実施している。消化吸収の緩やかなご飯のほうが日本人の体質に合っていること、油や脂肪分の少ない和食メニューの機会が増えることなどがその理由。
引用元:nlab.itmedia.co.jp(引用元へはこちらから)
小中学校での完全米飯給食は、食育と健康づくりの一環。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

2014年に実施された試験的廃止

廃止決定に賛否両論の声

献立に汁物がない日はドリンクタイムを設けず、給食でパック入りのお茶を提供するとしている。長沼礼子教育委員長は「ドリンクタイムの設定は、子供たちのためにはいいかもしれない」と評価した。
引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

アクセスランキング

まとめ作者