2017年09月07日更新
太陽フレア 災害 宇宙

【通信】9月8日、地球に太陽フレアの影響が?午後3時頃から到達予定―通常の1000倍、ネットも障害?

太陽の表面で「太陽フレア」と呼ばれる大規模な爆発現象が起きた影響で8日の午後から深夜にかけて電気を帯びた微粒子が地球に到達し、GPSや無線通信などに影響が出るおそれがあるとして、国立研究開発法人の情報通信研究機構が注意を呼びかけています。

4688
0

通信障害発生恐れの裏で、オーロラ観測の可能性も

太陽の表面で「太陽フレア」と呼ばれる大規模な爆発現象が起きた影響で8日の午後から深夜にかけて電気を帯びた微粒子が地球に到達し、GPSや無線通信などに影響が出るおそれがあるとして、国立研究開発法人の情報通信研究機構が注意を呼びかけています。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
情報通信研究機構によりますと、同じ規模の爆発は11年前の2006年に観測されて以降なかったということで、爆発で放出された電気を帯びた粒子が8日の午後3時ごろから9日の午前0時ごろにかけて地球に到達すると見られています。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
これによって地球の磁場が乱れて、スマートフォンなどに使われるGPS=位置情報システムに最大で数十メートルほどの誤差が生じたり、無線通信が通じにくくなったりする影響が出るおそれがあるということで機構が注意を呼びかけています。今回の太陽フレアは人体には影響がないということです。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
太陽フレアによる影響は過去にも起きていて、1989年にはカナダで大規模な停電が起きたほか、2003年には日本の人工衛星が故障したこともあり、ふだんは見られないような低緯度地域でオーロラが観測されることもあるということです。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

Twitterの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者