【27時間テレビ】今年は生放送が少ない?ほぼ収録と判明し「意味ない」「普通のテレビ」など批判の声続出

。2017年9月9日(土)よる6時30分~9月10日(日)よる9時24分。今年のテーマは「にほんのれきし」縦横無尽にジャンルをわたって“にほんのれきし”を掘り下げる真にスペシャルな二日間をお届け!!ビートたけしが21年ぶり6回目の総合司会。関ジャニ∞の村上信五がアシスト 生じゃないLIVEと被る事態

26773
0

「めざましテレビ」の一部、競馬などが生放送

フジテレビ系列が総力を挙げる年に1度の風物詩「FNS27時間テレビ」(9日後6・30~10日後9・24)は31回目を迎える今年、内容を一新した。お笑いに特化した従来のスタイルから大きく舵を切り、テーマは「にほんのれきし」。バラエティーをはじめ、ドラマ・アニメ・スポーツなども交え、日本史を掘り下げる。例年7月下旬に生放送で行われてきたが、今年は初の9月放送で、ほぼ収録に。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
ビートたけし(70)が21年ぶり6回目の総合司会。巧みなトーク力と親しみやすさを持つ関ジャニ∞の村上信五(35)が旅の「キャプテン」として番組進行をアシスト。「れきしサポーター」の林修氏(52)が知識面を担う。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
9月放送は、歴史の“季節感”を重視。「真夏じゃないなと。お笑い生放送なら絶対に7月でしょうし、放送時期は季節感によって選べばいいんじゃないかと思います」とした。ほぼ収録になったことについては「歴史を扱うような情報性のある番組を生放送にした場合、伝え切れないことが多くなるので、長めに収録してギューッと編集した方がいい。もう1つは、間違った歴史の情報は決して伝えてはいけない。極力それを避けるべく、収録の方が望ましい。生放送は30年間続けてきて、素晴らしいんですが、変える時は大きく変えた方がいいと思いました」と説明。「めざましテレビ」の一部、競馬などが生放送になる。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

演出の狙いは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回の"テレビ屋"は、『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~)をはじめ、ダウンタウン・松本人志の出演番組で演出を担当し、今週末に放送される大型特番『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(9月9日18:30~10日21:24)の総合演出を務めるフジテレビの竹内誠氏。ニュースや時事ネタを扱う『ワイドナショー』も、内容を大幅に刷新する今年の『27時間テレビ』も、生放送の方がハマりそうなイメージだが、いずれも事前収録で制作されている。その狙いは何か――。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

Twitterの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者