2017年01月27日更新
黒ずみ ケア 対処法

「黒ずみ」はカラダ部位によって原因と対処法が違う件

黒ずみといっても、こんな風に、顔だけでなく、ワキ、ひじやひざ、デリケートゾーンなどさまざまなところにできるものなのです。そこで、まずは知っておきたいのが、これらの黒ずみの原因です。 原因を知ったら、それぞれの部位ごとの黒ずみの原因と対処法をチェックしていきましょう。

133
0

そもそも、黒ずみってどうしてできるの?

気になる黒ずみ!あなたの黒ずみはどこ?部位別の対処法

2.ワキ

ワキの下は、自分では見えないものの、夏はタンクトップやキャミソールなどであらわになる場所。ムダ毛はもちろんですが、黒ずみもしっかりとケアしないと恥ずかしいですよね。でもなぜかワキの下が黒ずむことも…。どうすればいいいのでしょうか。

ワキの黒ずみ:主な原因

ワキの下の黒ずみの主な原因は、摩擦や刺激、炎症によるメラニン色素の沈着です。先ほども説明した通り、肌は刺激を受けるとメラニンという物質を分泌して肌を守ろうとします。しかし、このメラニンは黒い色を持っているため、過剰に分泌されてしまうと、肌は排出しにくくなります。それが残ってしまうことで、ワキの下の黒ずみが起こるのです。
ワキの下の摩擦や刺激といえば、基本的に洋服などで物理的に擦れることや、ムダ毛処理のときのカミソリなどによる刺激が考えられます。また、あせもや湿疹がワキの下にできた後、その炎症が色素として残ってしまうことも原因の一つです。

ワキの黒ずみの対処法

特に、ムダ毛処理で、毛抜きや鋭いカミソリや刺激の強い電動毛抜きなどを使用した後に起こりやすくなります。メラニンが分泌されてしまうほど、強い刺激を与えるのは避けたいものです。また、ワックスを塗ってはがすといった脱毛方法もありますが、これも刺激になります。
一番いいのは、レーザー脱毛などでの永久脱毛ですが、敷居が高いものです。自分で処理したい場合には、クリームなどを塗ってできるだけ摩擦を防ぎながら、肌にやさしいカミソリなどを使用しましょう。化粧水やクリームなどの事後ケアを欠かさず行い、たっぷり保湿しておくのも忘れずに。

あせもや湿疹などがひどく、長引く場合、放っておくと黒ずみになる恐れがあります。皮膚科などで早めに診てもらい、治療を受けるようにしましょう。
引用元:u-rara.jp(引用元へはこちらから)

3.ひじ

4.ひざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5.バスト

6.デリケートゾーン

7.ビキニライン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

美容 / ファッションの新着

【ダサい?カッコイイ?】米ブランドのコーチ、タペストリーに社名変更 ブランド名は継続の方向

かばん。ブランドガー、まじかー、ビジネスと社会、監督じゃないのかの声も。...

JR神戸線 宝殿駅で人身事故「車両の下に要救助者がいる」

一部区間で運転を見合わせています。統計から推測される再開時刻は07:16±18分...

【モニタリング】竹内涼真にもしシャンプーしてもらえたら? の企画に女子大興奮

竹内涼真くんが本気の仕掛け人に。何にでも一生懸命の竹内くんらしい...

【炎上】ブサイクは気持ち悪がられる?容姿で異性の対応が変わるフェイスマスク「オルフェス」のCMが炎上

ロハス製薬のフェイスマスク「ALFACE(オルフェス)」のCMに、容姿の良し悪し...

【がっかり?】ジルスチュアートのクリスマスコフレ2017が期待ハズレだった?「可愛くない」の意見続出

2017年のジルスチュアート(JILLSTUART)のクリスマスコフレのが判明す...

豊田真由子議員、別人メイクでMr.サンデー出演!眉毛の角度でこんなに変わる!?

豊田真由子議員がMr.サンデーに出演!その別人のようなメイクが話題です!...

アクセスランキング

まとめ作者