グランプリファイナル2017 宇野昌磨が地元名古屋で優勝なるか?

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争うGPファイナルは7日、名古屋市の日本ガイシホールで開幕する。日本勢では男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、宮原知子(関大)が出場する。

47
0
男子では4連覇中の羽生結弦(ANA)が右足首のけがで進出を逃した。昨季世界選手権の上位6人のうち、出場するのは同2位の宇野昌磨と同6位のネーサン・チェン(米)だけ。宇野は地元・名古屋での開催に、初優勝の期待がかかる。2人による一騎打ちが予想されるが、4回転ジャンプの出来が勝敗を分けそうだ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

宇野昌磨が地元名古屋で優勝に期待が高まる。

名古屋市出身の宇野にとって、今大会は地元での大舞台。GPファイナルは2年連続3位で、それ以上の活躍にも期待がかかる。地元開催については「僕にとっては期待に応えないといけないなと思っていて、それ以外には特にないです」と苦笑い。「たくさん期待されるイメージなので、その期待に応えられるように、変な演技はしないようにしたい」と意気込んだ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

ネット反応は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者