2017年05月22日更新
徳永えり 女優 脇役

名脇役として主役の親友役などが多い女優の徳永えり

元モデルでまだ20代でありながら、すでに数多くのドラマや映画で名脇役を演じる徳永えりさん。

1111
0
画像を拡大

『流星の絆』

出典:image.blog.livedoor.jp
画像を拡大

『四十九日のレシピ』

出典:blogs.c.yimg.jp

以後、フジテレビ『ダンドリ。/Dance★Drill』、TBS『流星の絆』、『ブラッディ・マンデイ』、NHK『フルスイング』、『桂ちづる診察日録』、『四十九日のレシピ』、東名阪ネット6『犬飼さんちの犬』など、テレビドラマの出演も増えていく

画像を拡大

「春との旅」

出典:blogimg.goo.ne.jp

一方で“健気な少女”像を突き詰めたのが、10年、小林政広監督の「春との旅」。祖父と二人旅に出る孫娘・春に扮し、我がままな祖父への嫌悪、共感、そして愛情を口数少なに抑えた表情で表して、祖父役の仲代達矢に一歩も引けをとらない存在感を発揮した

画像を拡大

「うた魂(たま)♪ 」

出典:movie.walkerplus.com

「ブラブラバンバン」ではアルトサックスを、「うた魂(たま)♪ 」では合唱とピアノを、『フルスイング』では剣道を劇中でこなし、出世作「フラガール」以降、レッスンものの作品が多いのも特徴である

画像を拡大

「アキレスと亀」

出典:buta-neko.net

また、08年「アキレスと亀」で北野武に、NHK-BS『妖しき文豪怪談』の『葉桜と魔笛』では塚本晋也に起用されるなど、映画に特化した監督たちから好まれている

画像を拡大

「いつかティファニーで朝食を」

出典:jvod.myjcom.jp

近年では、映画「果し合い」「マンガ肉と僕」ドラマ「いつかティファニーで朝食を」「世界はひばりを待っている」など

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者