浅田真央、”女王”が復活V!!

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦の中国杯、ショートプログラム首位の浅田真央(中京大)がフリーで3位となり、合計197・48点で復帰後初の国際大会で優勝した。

6349
0
画像を拡大

2位の本郷理華

出典:number.bunshun.jp
画像を拡大

3位エレーナ・ラジオノワ

出典:matome.naver.jp
SP2位の本郷理華(19=邦和スポーツランド)は、フリーでトップの129・97点を叩き出し、合計195・76点で2位に入った。3位は合計184・28点のエレーナ・ラジオノワ(16=ロシア)だった
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

予想外のアクシデント 「これがブランクの影響か…」

女王・真央が予想外のミスで1点減点されていた

「Late start -1.00」

休養していた昨季から、名前を呼ばれてから「30秒以内でスタートポジションにつかないと1点の減点」という新ルールがスタート。それまでは60秒以内だった。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

現役続行を決断し、僧帽筋のトレーニングも再開

関係者は「それほど筋力が落ちていなかったのが幸いした。マイナスからのスタートにはならなかった」

次戦は27日開幕の第6戦・NHK杯に出場

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者