モデルボクサー”高野人母美”の世界初挑戦にトレーナーが、「無謀なマッチメイク」

11月11日(水)東京・後楽園ホールにて、OPBF東洋太平洋女子スーパーバンタム級 王者・高野人母美がWBO世界女子スーパーフライ級王者 ダニエラ・ベルムデス(アルゼンチン)に挑む。

1797
0

モデルボクサーが無謀な世界初挑戦

画像を拡大

総額1000万円のジュエリーを身に着けて登場

出典:thepage.jp
モデルとボクサーの二刀流で話題を集めている東洋太平洋Sバンタム級王者、高野人母美(28歳、協栄)の世界初挑戦が7日、発表された
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
11月11日に後楽園ホールでWBO世界スーパーフライ級王者、ダニエラ・ベルムデス(26歳、アルゼンチン)のベルトに挑戦する
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

デビューから10戦目で初の世界挑戦

「自分としてはまだ早いかなという気持ちもありますが、自分自身どこまで行けるか、世界戦へ向けてどれだけ本気になれるか試せる最大のチャンス。メンタルも強化して試合に臨んでいきます。初めての10Rなので10Rフルに戦って勝ちます」

ベルムデスは、17勝(5KO)3敗2分の戦績を持つ2階級王者で典型的なブルファイター
引用元:start.jword.jp(引用元へはこちらから)

金平桂一郎会長

「自分がきっかけで女子ボクシングを見てもらえたらと思います。扉をあけるという感覚で」

トレーナー、世界戦は「分が悪い」

「チャンピオンはとにかくタフ。一発打たれても2発、3発と打ち返してくる。高野の気持ちが折れたら惨敗もありえます。勝てるように厳しいトレーニングを日々課していますが、今のままでは正直、分が悪い。彼女のノビシロを期待してトレーニングをしています」

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者