2017年06月07日更新
亀田興毅 引退 ボクシング

「亀田興毅」 試合後、突然”現役引退”を表明!

16日のWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチは、亀田興毅はプロ2敗目を喫し、河野公平が判定勝ちした。試合後、「きれいさっぱりやめる」と現役引退を表明。

1648
0

第二の人生は青年実業家を志す

「ボクシングは人生の一つだが、全てではない。やりたいことがある。俺は他のボクサーとは違う」

競技を始めた11歳のときから「現役は30歳頃まで」と考えていた。「30から40歳までにいろいろな商売で稼ぎまくる。それが人生設計」。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
河野戦が決まらなかった昨年から、周囲に引退の意思を伝えた。猛練習の傍ら、支援者の起業家たちとの会食を増やし、ビジネス書を読みあさった。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者