日本、バトンミスで予選敗退!サニブラウンの起用が幻に

世界選手権、男子400メートルリレー予選で、大瀬戸一馬(法大)、藤光謙司(ゼンリン)、長田拓也(法大)、谷口耕太郎(中大)の日本は、バトンミスで38秒60の1組4着で落選。

1628
0

世界陸上、サニブラウン外し“裏目”予選敗退

男子400メートルリレーは安全策が裏目に出て予選落ちした
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
日本陸連・苅部男子短距離部長は、予定通り予選のアンカーに谷口を起用しバトンパスに不安があるサニブラウンを決勝に回した
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

2大会ぶりに決勝を逃した

第3走者・長田からアンカー谷口につなぐところでバトンミスがあり、38秒60でタイム順でも拾われず、自動的に決勝進出が決まる3位のドイツとは0秒03差の4位。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

高瀬慧(富士通)

出典:sports.jp.fujitsu.com

1走を予定していた高瀬慧(富士通)が26日の200メートルで右足を痛めたため、メンバー、走順を急きょ変更した

「残念な結果だった」

「予選は谷口で勝負。勝負を懸けるなら(決勝のアンカーで)ハキーム(サニブラウン)を使いたいと思っていた。実績を考えて安全に決勝に行くつもりだった」

画像を拡大

サニブラウン・ハキーム(東京・城西高)

出典:hachigen.com

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者