2016年07月06日更新
アニメ 話題 ネット

大人がアニメを見るのは悪いこと?ネット上で大激論!

教えて!gooウォッチにて掲載された「大人になってもアニメを見るのは悪いこと?」という記事についてネット上で賛否両論の意見が飛び交い話題になっています。

344
0

大人がアニメを見るのは悪いこと?ネット上で大激論!

先日、教えて!gooウォッチでは「大人になってもアニメを見るのは悪いこと?」という記事をリリースした。
記事では「大人になってもアニメを見ることは悪いこと?」と相談している20代前半の女性の悩みについて、「教えて!goo」に寄せられた意見をまとめてご紹介した。
引用元:2chradio.net(引用元へはこちらから)
これに対して、配信先のニコニコニュースのユーザーから「悪くないでしょ」「好きならいいじゃないか」と、反論する意見が殺到。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
若い世代にとってアニメはドラマ、映画と同じような感覚で楽しむものだが、上の世代によってはまだまだ「アニメ、マンガは……」とつい口を挟みたくなってしまうのかもしれない。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

問題になった記事はこちら

大人になってもアニメを見るのは悪いこと?

「アニメなんて子どもの見るもの」と思われていたのも昔のこと。今では大人が楽しんでいる光景も珍しくはなくなった。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
しかし、誰もがそれを受け入れているわけではないようだ。実際、「教えて!goo」に「大人になってもアニメを見ることについて」という質問があった。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
質問者は20代前半の女性。子どもの頃からアニメや漫画が好きで、今でもそれらに親しんでいる。両親には「年齢を考えろ」と言われ、反発しつつもアニメを見ない人にとって、自分はどう思われているのか気になっているそう。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
「大人になってもアニメを見ることについて、どう思いますか? 悪いことだと思いますか?」という相談に、どのような回答が寄せられたのだろうか。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

ネット上の反響

アニメは子どもが見るもの
ってには何時頃から言われてるんだろうね?
教えて!アニメ評論家さん
引用元:anago.2ch.sc(引用元へはこちらから)

趣味の新着

時間割どんな感じ?大学の授業1コマ90分授業→100分授業に、明治大学と芝浦工業大学がスタート

集中力持つの?1時間40分、大学生・教授のライフ問題。明治大学と芝浦工業大学が今...

バイク専門店「ライコランド宇都宮店」にトラックが突っ込む事故 宇都宮市ゆいの杜5丁目

ziko

SHIROBAKOの限界集落過疎娘はサクラクエストのことだった!?まさかの2年経ってからの伏線回収!

2015年に放送されたSHIROBAKO最終回で、武蔵野アニメーションの次回作が...

【辞任へ】今村大臣、度重なる失言にエヴァネクタイは暴走のサインか

【辞任へ】復興大臣、今村雅弘大臣、暴言、暴走モード、暴走のサイン、誰も止められな...

【進撃の巨人 アニメ2期】ジャン・キルシュタインの存在が忘れられてる疑惑!出番はいつ来るのか?

アニメ2期が絶賛放送中ですが、1話から4話までジャンが全く画面に映っていません。...

印象に残る学園ドラマの主題歌ランキング、20代「青春アミーゴ」40代「学園天国」他「贈る言葉」に

【世代別ランキング】青春アミーゴ、贈る言葉@海援隊、中居正広ミになる図書館、太陽...

アクセスランキング

【何故?】ナオトインティライミさんがサイコパスになるコラが量産され話題に アウトではないかとの声も

ナオトインティライミさんをサイコパスに仕立て上げるコラージュ画像がネットで量産さ...

メルカリで現金が大量出品される カード枠の現金化需要が要因か

メルカリに現金が出品される カード枠の現金化需要が要因か

フランケンシュタインの恋 綾野剛の肉体美に綾クラ悶絶 腹筋 筋肉

綾野剛

【埼玉県秩父市】エアバック開く・・・心霊スポットを見に行く途中、崖から転落して死亡・重軽傷の事故

怖い・ホラー・埼玉県秩父市浦山の県道・無職・柏木海渡(かしわぎかいと)が死亡、同...

【厳選】ナオトインティライミのサイコパス大喜利画像まとめ!写真にサイコなことを言わせる大喜利が大流行

ナオトインティライミの写真を貼って一番サイコパスなこと言わせた奴が優勝という謎な...

南武線 鹿島田駅で人身事故「目の前で見ちゃった」

事故

まとめ作者