2016年07月06日更新
中国 お茶 出土

中国6000年の歴史w6000年前の人工栽培のお茶の木が中国で出土!

中国浙江省、田螺山遺跡にて6000年前の人工栽培のお茶の木が出土したそうです。これまでお茶の栽培の歴史は3000年程度前からと言われていただけに歴史の定説がくつがえりそうです。

839
0

6000年前の人工栽培のお茶の木が中国で出土!

浙江省余姚市にある田螺山遺跡で、今から約6000年前のツバキ属の木の根が出土されました。
引用元:japanese.cri.cn(引用元へはこちらから)
この木の根はツバキ属の茶の木の遺物だと確認されました。
引用元:japanese.cri.cn(引用元へはこちらから)
これまでに中国で発見された
最も古い人工栽培の茶の木だということです。6月30日杭州で行われた浙江省余姚市田螺山遺跡考古研究成果発表会で明らかにされました。
引用元:2chradio.net(引用元へはこちらから)
中国のお茶の栽培の起源は今から約3000年前だといわれていましたが、今回の発見により、その歴史は今から約6000年前にさかのぼることになりました。
引用元:2chradio.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出土したお茶は・・・

これらの木の根は、08年に日本の植物考古学者に送られ、研究の結果ツバキ属だという結論が出た
引用元:news.searchina.ne.jp(引用元へはこちらから)
孫国平研究員は、ツバキ属にはまだ多くの種類があり、この木が茶の木であるかどうかが今後の研究目標だと言う。
引用元:news.searchina.ne.jp(引用元へはこちらから)

田螺山遺跡について

田螺山遺跡は河姆渡遺跡と同じ河姆渡文明に属する。田螺山遺跡は、浙江省余姚市三七市相*(上は夭、下は山)村にある田螺山という岡の周辺にあり、河姆渡からは7キロの距離。遺跡面積は約3000平方メートルで、地下3メートルには6000年から7000年前の集落が保存されている。
引用元:news.searchina.ne.jp(引用元へはこちらから)
こには高床式の建築遺跡が多く残されており、方形で木の柱の建築物の遺跡は規模が大きく、加工技術も高い。河姆渡遺跡の同じ時期の建築物より進歩している。また河姆渡遺跡に比べ、美しい文様が施された陶器や木製のかいなど豊かな文物が出土しており、現在も発掘作業が続いている。
引用元:news.searchina.ne.jp(引用元へはこちらから)

これまでのお茶の定説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【悲報】iPS細胞の論文で捏造・改ざんが発覚・・・ 山中伸弥教授辞任の可能性も

京都大iPS細胞研究所の特定拠点助教が発表した論文の図に、捏造や改ざんの研究不正...

首都高中央環状新宿線の山手トンネル 大雪で8時間渋滞「非常口に向かって歩く人を20人くらい見かけた」

「午後7時ごろ首都高に入ったが、1時間に数100メートルしか進まない状態が続き、...

関東「大雪の方程式」がよくわからないけど実に面白い!寒気、海流など条件合致で成立!

「大雪」=「ラニーニャ」+「北極振動(極渦)」+「黒潮大蛇行」+α...

1/22【大雪情報】東京地方、転倒事故相次ぐ

関東は雪降らない場所だったからなぁ……歩き方知らないから転倒して緊急搬送される人...

横浜市旭区で相鉄バスが雪の影響で衝突事故

22日午後、横浜市旭区でバスが電柱に衝突し、40代の運転手が軽いけがをしました。...

埼京線 中浦和駅で人身事故「警察・救急隊集結。〇〇が出たとか…」1/22

人身事故

アクセスランキング

まとめ作者