2018年01月14日更新
センター試験 解答速報 地学

【センター試験2018 地学 解答速報】平成30年大学入試 地学二日目解答速報・難易度・受験者の感想


485
0

【センター試験2018 地学 解答速報】平成30年大学入試二日目解答速報・難易度・受験者の感想

センター試験2018 試験日

平成30年1月13日(土)、14日(日)

二日目時間割

理科(1)
2科目選択
9:30~10:30
「物理基礎」「化学基礎」
「生物基礎」「地学基礎」

数学(1)
11:20~12:20
「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」

数学(2)
13:40~14:40
「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」
「簿記・会計」
「情報関係基礎」

理科(2)
2科目選択
15:30~17:40
1科目選択
16:40~17:40
「物理」「化学」
「生物」「地学」

センター試験2018 地学全体概観・問題講評

東進ハイスクール

スポンサーリンク

スポンサーリンク

各分野について基礎的な知識を問う標準的問題が大半で、昨年に比べて易化した。天文分野の小問数が8から5に減少した。 地質図学は必答問題で小問1問と選択問題で1問。ともに容易である。計算問題は5問すべて標準的問題で容易であった。選択問題は地質時代の気候と地質構造、火成岩と宇宙の構成要素と天体でともに標準的 。
引用元:www.toshin.com(引用元へはこちらから)

駿台予備校

― 文章選択問題が増加。知識と考察力がバランスよく問われた。昨年よりやや易化 ―

文章選択問題が増加した。基本的な知識問題のほか、段階を踏んで計算・考察を行うことが必要な問題も複数出題された。昨年選択大問で出題されたアイソスタシーに関する計算問題が、必答問題として再び出題された。難易は昨年よりやや易化した。
引用元:dn-sundai.benesse.ne.jp(引用元へはこちらから)

代々木ゼミナール

昨年に比べ地学基礎の知識で解答できる出題が減少し、計算量を要する出題が増加した。

昨年と同じく必答問題が4題(88点)、選択問題が1題(12点)だが、「地学」からの出題の割合が高くなり、細かい知識を問われた問題も増加した。また、計算量を要する出題が増加した。
引用元:sokuho.yozemi.ac.jp(引用元へはこちらから)

センター試験2018 地学 解答速報

受験者の感想(難易度など)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

平昌五輪代表に選ばれた田中刑事を「思い出出場」とツイートした結果、炎上&鍵かけ逃亡

これは失礼

【火災情報】神奈川県川崎市幸区古市場2丁目付近で大きな火事

常磐線車内出産で赤ん坊を取り上げた元看護助手の女性が詳細を語る

19日、千葉県内を走るJR常磐線で、乗り合わせた最上都寿美(つづみ)さん(40)...

【炎上】樋口裕太が薄ミュの藤堂平助役とフライングで報告→その後乗っ取りだったと言い訳しファン騒然

樋口裕太が薄ミュの藤堂平助役になるとキャストを公式発表前に告知→「乗っ取り」と言...

ホリエモン「週刊文春」批判「すぐに潰せる」、街の声は?

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が20日、自身のツイッターとフェイスブ...

久本雅美【メレンゲの気持ちをインフルエンザで休む】みんなの反応まとめ

1月20日放送の収録を久本、インフルで休む。

アクセスランキング

まとめ作者