2017年08月13日更新
前橋育英 骨折 ホームラン

虐待か?前橋育英、手首骨折中の選手を甲子園に強行出場しホームラン、美談でいいのかと話題に

前橋育英、虐待、ホームラン、高校野球と美談、甲子園の闇、学生と大人の責任、やりがいと思い出、日本の部活

2091
0

朝日新聞:手首を骨折していても本塁打

左手首の骨が折れている。テーピングを幾重にも巻き、さらにサポーターをつけてバットを握った。

 前日、群馬大会の決勝以来、約2週間ぶりに打撃練習した。「緩い球で、軽く当てる程度」で約10スイング。痛みが全く消えていなくて、びっくりした。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)
そして、期待以上に応える。バットを短く持ち、右手で押し込むイメージで振る。一回に先制の左前適時打、三回は中前適時打。七回は左中間席まで白球を運び、「いっちゃったなあって思いました」。いかつい顔でおちゃめに言った。

 次の試合は第8日(15日)。そこまではまた、ほとんど練習できない。「打てなくても、違う面でチームを引っ張る。『気持ち』とか」
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者