ポテトサラダではなく炒め物が原因、O157で溶血性尿毒症症候群発症し3歳女児死亡

でりしゃす六供店、惣菜、たけのこの炒め物やエビの炒め物が原因、3歳女児、9月8日死亡、大腸菌怖い、溶血性尿毒症症候群、トング原因?

159
0

たけのこの炒め物やエビの炒め物が原因か

総菜店のポテトサラダなどを食べた人が相次いでO157に感染した集団食中毒で、3歳の女の子が死亡したことがわかりました。女の子が食べたのは炒め物でした。

 「幼児の患者が溶血性尿毒症症候群を発症し、お亡くなりになりました」(前橋市の会見)

 前橋市は13日、東京都内の3歳の女の子がO157の感染により死亡したことを明らかにしました。女の子は先月11日、前橋市内にある総菜店「でりしゃす六供店」で販売されたたけのこの炒め物やエビの炒め物などを家族らと一緒に食べたということです。女の子はその後、都内の病院に入院していましたが、今月上旬になって死亡しました。女の子からはO157が検出されほかの患者の遺伝子型と一致したということです。O157による今回の一連の食中毒で、死者が出たのは初めてです。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

旅行 / 地域情報の新着

アクセスランキング

まとめ作者