2017年08月26日更新
皆既日食 リザードマン アメリカ

【ガチ警戒】アメリカ、皆既日食で未確認生物のリザードマン(トカゲ男)が出現する可能性

皆既日食、トカゲ男、2017/8/21、怖い、ホラー、大陸を横断する皆既日食、ビッグフット

639
0
 米では8月21日、西海岸のオレゴン州から東海岸のサウスカロライナ州まで、大陸を横断する皆既日食が見られる。

 6月22日付のロイター通信などによると、大陸を横断する皆既日食は1918年以来約1世紀ぶりとあって、全米では最大で約2億人がこの世紀のイベントを楽しむとみられるなど、文字通り国を挙げてのお祭り騒ぎが繰り広げられそうな気配なのだが、実は米では今回の皆既日食に関し、もうひとつ、ユニークなニュースが世間を賑わせている。

 8月11日付の米FOXニュース(電子版)などが報じているのだが、サウスカロライナ州の緊急事態管理課(SCEMD)が、今回の皆既日食に関し「リザードマン(トカゲ男)」に警戒するよう呼びかけたのだ。
引用元:www.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
 エープリル・フール(4月1日)の日に米でよく聞かれるジョークのひとつかと思ったら大間違い。実はノースカロライナ州は、ネッシーや雪男、河童(かっぱ)、ツチノコのように、リザードマンが生息していると信じられてきた土地柄。背が高く、目が赤い悪魔のような風貌と語り継がれている。

 8月12日付の米誌ニューズウィーク(電子版)によると、2015年に「トカゲ男」を目撃したという地元民、ジム・ウィルソン氏は米ニュースサイト、スレート・マガジンにこう語っている。「長身で、見かけは暗い感じで、うろこと尾があった。鼻は短く、足は長く、裸足のようだった」

 SCEMDは「トカゲ男」が皆既日食の間、活発に活動するかどうかは分からないとしているが、8つの目撃地点がある同州内のリー郡とサムター郡の住民は、常に警戒すべきだとの考えを示した。
引用元:www.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

リザードマンの参考画像

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者