東京の観光ボランティアの新制服がダサすぎて変更に、でも新デザインも若干ダサイ?

ボランティア新制服、製作費8000万円でもタダ働き、ユニホーム、お金、ビイネス、新デザインは市松模様

13314
0
東京都の小池百合子知事は15日の記者会見で、都の観光ボランティアが着る新たなユニホームを発表した。

 旧デザインは「ダサい」などと批判され、都が見直していた。新デザインは市松模様で、小池氏は「デザインやカラーを統一し、伝統と革新を表現した」と説明。10月上旬から順次、着用を始める。

 新ユニホームはポロシャツとブルゾン、防寒コートなどで構成。市松模様を白や黒、水色でデザインし、背中には都の観光情報サイトに接続できるQRコードをあしらった。製作費は約8000万円。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
 東京都の小池知事がデザインの見直しを進めていた東京オリンピックに向けた観光ボランティアの制服が完成し、知事自ら新しい制服を披露しました。

 15日の定例会見で歩いて披露した小池知事は「ブルゾンということで、男性2人…乗り過ぎでしょうか」と、人気のタレントになぞらえて笑いを誘いました。

 現在の制服は舛添前知事が導入したものですが、そのデザインを巡って小池知事は就任後の2016年11月に「これを着たいという話を聞かない」などと批判し、見直しが進められてきました。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者