2017年04月21日更新
日本の教育 社会問題 自殺問題

深刻な社会問題?子どもの自殺減らず・・・2016年は320人、3分の2は男子。

毎日約1人死亡の計算、小中高校生では減っていない。。社会問題、貧困の連鎖、命の価値、天国への逃亡、学校・教育システムの課題、ヒヤリハット

42
0

小中高校生では減っていない。

3分の2は男子だった。

 子どもたちが自ら命を絶つ悲劇が繰り返されている。日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていない。子どもの自殺を防ぐために、社会や一人ひとりは何ができるのだろうか。

 警察庁の統計によると、2016年、320人の小中高校生が自殺で亡くなった。小学生12人、中学生93人、高校生215人。3分の2は男子だった。

 自殺者全体の数は、03年の3万4427人をピークに減少傾向で、16年は2万1897人。06年施行の自殺対策基本法に基づく、各自治体の相談窓口の整備などが背景にあるとされる。一方、小中高校生の自殺者はこの10年、年間300人前後で推移し、350人を超えた年もあった。厚生労働省によると15~19歳では自殺が死因の1位、10~14歳では2位だ。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
2015年8月に発表された「自殺対策白書」によると、1972~2013年の42年間で自殺した18歳以下の子どもは、合計1万8048人。365日別でみると1日に平均約50人だが、最も多い9月1日は131人で、平均の2.6倍と突出している。翌日の9月2日も4番目に多い94人、前日の8月31日も5番目の92人だ。白書では、夏休み明けのこの時期は「生活環境が大きく変わり、プレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と分析している。
引用元:www.j-cast.com(引用元へはこちらから)
NPO法人「東京シューレ」は協力団体の一つで、いじめられた経験をもつ子どもが多く通うフリースクールを運営。スクールの生徒が「学校に行くことは義務じゃない」「我慢せずに助けを求めていい」と呼びかける動画を公開し、学校に行きたくない子どもたちへ積極的に門戸を広げている。

悲痛な出来事としてクローズアップされやすい「いじめ」だが、子どもが自殺する理由はそればかりではない。「自殺対策白書」では、特定できた自殺原因を大きく6つにまとめている。それをみると、「いじめ」や「学友との不和」よりも、「親子関係の不和」「家族からのしつけ・叱責」が大きな比率を占めており、特に中高生は「学業不振」「進路の悩み」が高い傾向にある。
引用元:www.j-cast.com(引用元へはこちらから)

健康の新着

2017年のゴールデンウィークは旅行・外出に注意!?春インフルエンザが流行

大型連休、春のインフル、春のインフルエンザ、GWゴールデンウィーク。外出、お出か...

【メルカリ】使用済み妊娠検査薬(陽性)が7800円で出品の噂 結婚を切り出さない彼氏への最後の切り札

俺が責任取って養うから産んでくれってなったらどうするんだろう?...

【速報】今村復興大臣 東日本大震災「東北であっちのほうだったから良かった」と述べる 揉めること必至

今村復興大臣は、どうやらホンマもんのおバカさんみたいですね.。...

救急搬送の大石豊、救急車内で意識を取り戻す、脳内出血で現役引退か

ボクシング。緊急搬送、ラーチャシーシットサイトーンに12回TKO負けの試合...

深刻な社会問題?子どもの自殺減らず・・・2016年は320人、3分の2は男子。

毎日約1人死亡の計算、小中高校生では減っていない。。社会問題、貧困の連鎖、命の価...

【試験・資格】介護福祉士、看護師、理学療法士、言語聴覚士など資格課程の一部を共通化へ

厚労省方針、2017年、なんでも人間できる?、労働の流動化。

アクセスランキング

まとめ作者