2017年10月13日更新
鋼線 主力製品 大打撃

神戸製鋼、新たに鋼線や銅管など9件の不適切製品の出荷を発表、主力製品で大打撃。株は約800円まで下落

上級は許されるか?鋼線や銅管など9件の不適切製品、補償額は天文学的な数字になる恐れも?不正文化、ビジネスと結局金。。

85
0
神戸製鋼の川崎社長は13日午後5時からの会見で、新たに中国など海外も含む9つの子会社でデータのねつ造などを行っていたと明らかにした。鉄やステンレスなどの製品で、これまでの納入先は500社に上るという。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
主力の鉄鋼製品でも、不正の出荷があったことを明らかにしました。

 神戸製鋼所・川崎博也会長兼社長:「改めておわび申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」
 神戸製鋼所がアルミ製品などのデータを改ざんして出荷していた問題で、川崎社長は13日午後、新たに鋼線や銅管など9件の不適切な製品の出荷があったことを明らかにしました。不正行為は顧客との間で取り交わした検査を行っていなかったり、仕様書で定める試験の結果を書き換えるというものです。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者