2017年02月11日更新
みかん がん予防 ビタミンC

みかんでがん予防が出来るの?発がん抑制のβ-クリプトキサンチンって?

癌予防、強い発ガン抑制効果が見つかったのは、色素の一種「β-クリプトキサンチン」。温州ミカンに 限って果肉部分に一個につき1~2㎎ほど含まれ、完熟させるほど含量が多くなるという。 グレープフルーツやオレンジ、甘夏、伊予柑には含まれていない。

436
0
 ”ミカンが色づくと医者が青くなる”。ミカンを食べると健康になるという言い伝えを裏付ける
研究成果が登場した。農水省果樹試験場、京都府立医科大学などの共同研究グループは
世界で初めて、かんきつの中に含まれる二つの成分に強い発ガン抑制効果があることを突き止めた。
一つの成分は、温州ミカンに多量に含まれ、さらに発ガン抑制物質がいろいろ見つかりそうだという。
需要減にあえぐ温州ミカンの見直しにつながることが期待されている。
強い発ガン抑制効果が見つかったのは、色素の一種「β-クリプトキサンチン」。温州ミカンに
限って果肉部分に一個につき1~2㎎ほど含まれ、完熟させるほど含量が多くなるという。
グレープフルーツやオレンジ、甘夏、伊予柑には含まれていない。
引用元:www.marutani-21.co.jp(引用元へはこちらから)
β-クリプトキサンチンとは、温州みかんに特異的に多く含まれているカロテノイドの一種です。体内蓄積期間が他のカロテノイドよりも長く、血液によって体の隅々まで届けられます。近年、多彩な健康機能が期待される成分として注目されています。

引用元:www.wakasanohimitsu.jp(引用元へはこちらから)
β-クリプトキサンチンの健康効果
◎骨粗しょう症を予防する効果
◎糖尿病の進行を抑制する効果
◎免疫力を高める効果
◎美肌効果
引用元:www.wakasanohimitsu.jp(引用元へはこちらから)

もうひとつの発ガン抑制物質「オーラプテン」

農水省果樹試カンキツ部品質科学研究室の矢野昌充室長は「二十年前はひとり年間20㎏の
ミカンを食べていたが今は5~6㎏。今後、ミカンの消費拡大につなげたい」と話している。
 この研究結果について、日園連の佐藤専務は「素晴らしい成果だ。消費増につながるよう
PRしていきたい」と歓迎する。
引用元:www.marutani-21.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

【VS嵐】大野智さん(37)相葉雅紀に老化を暴露される「首付近にめちゃめちゃ長い白い毛がある」

なお、メイクさんに切られた模様

【あさイチ】 歯の銀行を特集。注目の新治療法や費用。反応まとめ。NHK 12/14

あさイチ(午前8時15分〜9時45分)の 9時頃の「骨 驚きの パワーとケア術」...

【悲報】元中日投手小松辰雄、車で自転車はねる 相手は意識不明、スピードの出しすぎか

まずは怪我人の回復祈願

【高須院長】生前の野村沙知代さん「西原理恵子の代わりに自分をCMに出せ!」→高須院長特別に約束果たす

ご冥福をお祈りします

【悲報】吉田豊騎手が落馬で頚椎骨折・脳震盪の重傷!  馬は異状なし

中山5Rで落馬した吉田豊騎手は、脳震盪と頸椎骨折との事。(当初の頸椎捻挫の発表か...

2週間で5.7Kgのダイエット成功! 鍋ダイエットで健康的に痩せる人続出!

これはおすすめ

アクセスランキング

まとめ作者