2017年05月21日更新
罰金1万円 お金

村八分?凄いぜ日本、島などの祭りを休むと罰金1万円!

ちほうの変なフレンズ、恐喝社会、日本の闇と祭、炎上、五人組、連帯責任、風習、お金とビジネス、淡路島の北部、兵庫県淡路市育波の里地区では、春と秋のお祭りに、なんと「罰金制」、地方が廃れる理由

1527
0
全国の神社などで春祭りが本番だ。国生みの島として知られ、タマネギで有名な淡路島の北部、兵庫県淡路市育波の里地区では、春と秋のお祭りに、なんと「罰金制」が存在する。

 祭りは、宵宮と本宮の2日間、春と秋合わせて年4日催されるが、それぞれ、休むなら罰金として1万円を支払わなければならない-というものだ。その徴収役が、地元の男たちでつくる「青年会」である。

 もちろん、近親者が亡くなった場合などは免除される。でも、仕事やレジャーは認められない。都市部からみれば一見、理不尽にも思えるこの制度。始まったきっかけは、祭りの存続への危機感からだった。

 里地区は、ブドウや稲作が盛んな農村だ。しかし約30年前、少子化や勤め人が増えた影響で、重さ数トンの布団だんじりを上げる担ぎ手の不足に直面した。このままでは、だんじりを担ぐことはおろか、祭りの存亡に関わる。青年会は危機感を募らせ、欠席する会員に罰金を課す習わしが始まったというのだ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
「祭りがなくなれば、地域そのものがすたれる」。今回の取材でよく聞いた声だ。脈々と受け継がれる罰金制は、故郷への愛情の“担保”なのかもしれない。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

選手も観客も寒過ぎ注意!大丈夫なの平昌オリンピック!?

いよいよ2018年冬に開催迫った冬季オリンピックですが、あまりの寒さに開会式をは...

メンタルがエグられる!?きみが心に棲みついた第一話視聴者の感想

日本テレビ『幸せ!ボンビーガール』感想ツイート1月16日

毎週火曜よる10時! 番組MC:山口達也、水卜麻美

水樹奈々LIVE GATE 2018 4日目クリスハートが登場!ゲスト共通点は武道館ライブ経験者?

武道館ライブ経験者が呼ばれてる?水樹奈々と共にエデンを歌唱。声高すぎる。春から活...

TBS『きみが心に棲みついた』第1回感想ツイート

吉岡里帆が連ドラ初主演! 天童きりんの人気漫画を実写化した三角関係ラブストーリー...

マツコの知らない梅干しの世界 全国の梅干が登場!ネットの声、紹介された梅干まとめ。ヨダレ止まらんの声

マツコの知らない世界 立川志の輔の長男(竹内順平さん)が紹介

アクセスランキング

まとめ作者